カードローンを早期(繰り上げ)返済したいのですが、可能でしょうか?


当初組んでいた返済プランを変更(前倒し)する事は可能です。
早期返済の場合は予め、「○万円以上での早期支払い可能」という内容が必ず契約書に明記されています。
どれくらいの金額とは一概に言えないのですが、3万円から5万円を一口として受け付けている貸付業者が大多数。
早く返済する程金利は安くなる場合が多いので、大いに利用していきましょう。

また、早期に全額を一括返済する事も可能です。
一括返済の場合は当初組んだ期間分の利子も一緒に払うのが通常ですが、利用している金利の種類によってはお得になる事も少なくありません。

どちらの場合でも一度借り受けた会社へ連絡を入れる事をお勧めします。
その会社で採用している金利の発生方法によって正確な支払い金額は異なりますので、自身が納得いく返済をする事が大切。

基本的には借りてすぐ返すというのが上手なお金の借り方ですので、信用情報としても非常に有効になります。
遅延してしまう事に比べた場合、デメリットがほとんどありませんので、積極的に早期返済は利用していきましょう。
分割払いの場合は固定利息がほとんですが、リボ払いの場合は絶対にお勧めです。

【一括返済は可能か?の最新記事】

カードローンはどこで借り入れできますか?


カードローンの利用は契約会社のATMから借入が可能です。
キャッシングの場合は提携先のATMでも大丈夫です。
(カードローン、キャッシング、どちらも原則同じ意味)

申し込み時は専用ATM、もしくは口座振込みで借り入れる事が出来ます。
初回から限度額いっぱい借りても問題ありません。

気軽に利用できるのがカードローン最大の売りでもありますが、それゆえに使い方を間違えると大変な事になります。
借金をしているという意識だけは絶対に忘れないようにしましょう。
また簡単に借入が出来る故に、カードの管理は徹底してください。

基本的にはどういった方法で借入をするにしても、必ず暗証番号が必要になります。
ATM、ネットキャッシング、共に細心の注意を払って利用してください。

ATMの中には借入できない機械もあるという事にも注意が必要です。
何度通しても「このカードは利用出来ません」という表示が出ますので、事前に利用できるATMなのかを確認しておきましょう。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーローンの借り入れ審査、申し込みについて


ノーローンは新生銀行グループの消費者金融です。CMなんかでもお馴染みですね。

・一番の特徴は、なんどでも1週間無利息というサービスです。

例えば、給料日まであと1週間。
だけどおこづかいがピンチ!
そこで消費者金融ノーローンで5万円借りた場合、7日後の給料日までに返せば無利息!
しかも、完済日の翌月以降のお借入も1週間無利息が適用になります。

・メールサービス
(パソコン・ケータイのメールアドレスに最新情報をいち早くお届けするサービスもあります。)

お電話でのお知らせをご希望されない場合などに設定すると便利です。
お得なキャンペーン情報・ご利用案内等。
ご利用限度額の増減等についてお知らせ。
ご返済日3日前にお知らせ。
計画的なお取引をしっかりサポート!
ご返済を忘れてしまった場合にお知らせしてくれます。

・インターネット取引
楽天銀行との提携により、口座を持っていれば(開設すれば)24時間インターネットで融資、返済が可能!土日、夜間でも手数料無料でありがたいです。


プロミスの借り入れ審査、申し込みについて


三井住友銀行系列の大手消費者金融で間違いはないでしょう。

プロミスが1983年に業界に先駆けて導入した「自動与信システム」は、累積した膨大な取引データの分析を元に、与信額を自動的に算出されています。
これに経験豊富な支店長やセンター長の判断を加えて、的確な貸付限度額(ご融資可能枠)を設定しています。

お申込みから審査、契約内容のご説明、ご融資までわずか30〜40分程です。

お申し込み方法
パソコン、携帯、店頭窓口、自動契約機、お電話、郵送で可能です。

お申し込み対象
年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方。
パート・アルバイトの方もOK!

必要なもの
本人確認書類及び収入証明書類(有効期限内もしくは現行有効なもの)
印鑑や保証人、担保は不要です。

運転免許証をお持ちでない方は、
健康保険証・パスポート・外国人登録証明書などの本人確認書類が必要です。

上記本人確認書類に記載された自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる場合は、現在お住まいの自宅住所が記載されている以下のいずれかの書類(発行日から6ヶ月以内のもの)のコピーが必要です。

・国税または地方税の領収書または請求書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書または請求書
・公共料金の領収書または請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

[収入証明書類]
下記条件に該当する方は、源泉徴収票、確定申告書(最新のもの)、給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)いずれか1点が必要です。

・ご希望のお借入額が50万円を超えるお客様
・ご希望のお借入額が他社でのご利用を含め、100万円を超えるお客様

上記に該当しない方は収入証明書類のご提出は不要です。


50万円を超えるご利用をご希望の方

「フリーキャッシング」では、ご利用実績に応じて最大300万円までの増額が可能です。
(対象は23歳以上65歳以下の方)

下記条件に該当する方は、源泉徴収票、確定申告書(最新のもの)、給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)いずれか1点をご用意ください。

・ご希望のお借入額が50万円を超える方
・ご希望のお借入額が他社でのご利用を含め、100万円を超える方

上記に該当しない方は収入証明書類のご提出は不要です。



カードローンの限度額を増額したいのですが・・・


限度額増額を自分で希望する場合には、必ずこちらからアクションを起こす必要があります。
電話で相談をする事も出来ますので、どうしても現在の限度額で足りていない場合には一度確認をしてみましょう。

また、書類やネット上からでも申し込みは出来ますが、増額する事にも審査が必要になってくるという事を忘れずにして下さい。

限度額を増額するためには、その金額に合った信用を構築しなければいけません。
基本的には長期間何の問題もなく返済する事で、意外と容易に限度額を増額する事は可能です。
逆に頻繁な利用と円滑な支払い履歴で、契約会社から増額の確認が来る事もあります。

限度額の増額は通常10万円単位で行われる事がほとんどですが、この金額を5万単位で設定する事も可能。
限度額が増える事で支払い管理が出来なくなる人もいますので、自分に合った限度額を自分で見出す事が大切です。

限度額が何処まで増えるのかは各社によってまったく異なりますので、そちらは事前に確認をしておきましょう。
初回50万円で借り入れた人がいきなり数百万円まで増額をする事は厳しいので、段階を踏んで申請をするという事もお忘れなく。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。