消費者金融の総量規制後の審査基準に


総量規制の完全施行後は年収の3分の1を超える借入れは出来ません。
そのため、借入れが出来なかった人は、単純に年収の3分の1以上を借入れしてしまっていると考えてしまいがちですが、本当に全員がそうなのでしょうか?

今自分にいくらの借入れがあるかを把握せずに、どこでもいいからと闇雲に貸金業者へ申込みをしたために、本来なら通るはずのものでも申込みの順番が違ったばかりに通らなくなってしまったなどということも十分に考えられるのです。

貸金業者は大きく分けて、銀行系、信販系、消費者金融系があります。
顧客データは統一化されましたが、各社の特徴や得手不得手は様々です。
ある業者では○○のケースは得意でも△△のケースは不得手といったように、各業者によって色があります。
自分の状況と貸金業者の得意とするケースを考え合わせてから申込みをすれば、希望通りの借入れができる可能性がでてくるのです。
また、申込み前に本当にそのお金が必要なのかどうか、身の丈にあったお金かどうかを再確認することも必要です。

【改正貸金業法の最新記事】

キャッシング診断はどんどん利用する!申し込みブラックにならないように


どの貸金業者で借入れをするかを決めるのは、なかなか難しいものがあります。
インターネットを活用して、自分の状況にあった貸金業者を探してみては、どうでしょうか?

たくさんの融資申込みをすればどこかで通るだろうと、数多くの貸金業者へ申込みをする人もいますがおすすめしません。
なぜなら、立て続けに何社も申込みをすると、短期間に複数社への申込みをしたとの情報が残ってしまい、お金に困っている、返せない可能性が高いと見なされてしまうからです。
本来なら通るはずの審査も、そのことだけで通らなくなってしまうのです。
いわゆる「申込みブラック」というやつです。
非常にもったいないですね。

このようなことから、申込みはそれなりに慎重を期して行うことをおすすめします。
そのときに役に立つのがウェブ上の仮診断です。
このサイトにも「キャッシング診断」があります。
これを利用すると簡単な入力で、申込み・契約が可能かどうか、どこがおすすめかなどを確認することができます。
あくまで仮の診断ですので、信用情報に載ることはありません。
これなら「申込みブラック」にならずに済みます。
一度利用してみてはいかがでしょうか?

総量規制後、多くの人が借りないように努力しているようですが、現代社会ではキャッシングが必要な場面は多々あります。
単に我慢するのではなく、上手に利用することを心掛ければキャッシングは強い味方になってくれます。
また、もっと積極的に賢く使えば、非常にお得であるのもキャッシングです。
無利息や手数料無料など、他の金融商品と比べてもそのお得度は群を抜いています。
節約・我慢だけではない、賢いキャッシングを目指してみるのも良いかもしれませんね。

ビジネスローンのメリット・デメリットが知りたい


ビジネスローンなら、素早い資金調達が可能です。
中小事業者や自営業者などが事業資金を借りる場合、大きく分けて公的融資と民間融資の2つの方法があります。

公的融資は、日本政策金融公庫、信用保証協会、商工会議所、自治体(都道府県や市区町村)などの公的機関による融資です。
直接融資を行うほか、金融機関からの融資に利子補給を行ったり、債務保証をしたりと、間接的に中小事業者の資金調達を後押しする形式を取っている場合もあります。
公的融資は、融資枠が比較的大きく、金利も低めなのでまず検討したいところですが、審査に比較的時間がかかり、利用対象の業種や利用条件が限定される場合もあるので注意が必要です。

それに対して、民間融資は、いわゆるビジネスローンなど、銀行等民間金融機関の融資です。
ビジネスローンは、公的融資より融資枠は小さく、金利が高めな場合もありますが、比較的必要書類が少なくて審査期間が短く、利用条件も緩やかなので、急を要する資金需要にはビジネスローンが向いているでしょう。

事業資金の調達を考える際には、事業所の所在地や業種で利用可能な公的融資にはどんなものがあるのかを把握し、有利に使えるビジネスローンをピックアップした上で、金利や審査期間、利用条件等を十分比較検討することが大切です。


| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消費者金融ビジネスローンとは?


ビジネスローンとは、中小企業や自営業者を対象とした民間金融機関の小口・短期のローン商品です。
中小事業者向けの小口の貸付はノンバンクが中心となって行われていましたが、現在は銀行系金融機関も数多く参入しています。

「ビジネスローン」には、一般的に次のような特徴があります。

1.中小企業・個人事業主対象であること
2.無担保・無保証人(第三者の保証が不要)
3.審査時間が短い(即日融資実行な場合もある)
4.審査に必要な書類が比較的少ない
5.融資枠が比較的小さい
6.返済期間が比較的短い

ただし、「ビジネスローン」というはっきりした定義があるわけではないので、担保が必要なものや担保を前提としているもの(不動産担保ローンなど)、借入期間が長いもの、第三者の保証人が必要なものなどもあります。
「ビジネスローン」という名前であっても内容は異なるので、借入時には個々の商品内容のチェックが必要です。

さらに、ビジネスローンは、銀行系かノンバンク系かによって違いがあります。

銀行系のビジネスローンは、比較的金利が低めで返済期間も長めに設定可能であり、借入可能額も高い商品が多いようです。そのかわり、必要書類が多くて審査が厳しく、審査にかかる日数は長めになります。

一方、ノンバンク系のビジネスローンのメリットは「スピード」です。
金利は銀行系に比べて高めで借入可能額も低めですが、必要書類が少なく、早いものは数時間で審査可能と審査期間が短く、急な資金需要に強みを発揮します。

時間的余裕があり金利負担を抑えることを重視するなら銀行系を、手間なくスピードを重視したい場合はノンバンク系を・・・と、資金需要の内容によって、ビジネスローンは使い分けることが肝心になります。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産担保ローンのメリット・デメリットが知りたい


低金利でまとまった金額が借りられる点がメリットですが、返済不能になれば不動産を手放さなくてはならない点がデメリットです。

「不動産担保ローン」のメリットとしては、不動産という担保が設定されているため、通常の無担保のフリーローンよりも、低い金利で、まとまった金額の借り入れができ、借入期間も長期で設定することができるという点があります。

また、このローンの目的は、特に問われることがないため、おまとめローンなどにも利用できます。

一方、デメリットとしては、債権者の返済が滞った場合、担保不動産を売却することで債権を回収するわけですから、万が一の時に、不動産を失う可能性があるという点があります。
借り入れの際には、きちんと返済できるかどうか計画を立てて利用することが大切です。

また、このローンを利用する場合、その不動産の担保としての価値を調査・鑑定し、融資実行時には、不動産登記する必要がありますので、そのための登記費用・印紙代が実費負担となり、融資にかかる事務手数料もかかるという点にも注意しましょう。

商品によっては、担保ごとに金利等が異なる場合もありますので、複数の業者から審査を依頼し、少しでも有利な条件のものを選ぶことが大切です。

なお、このローンは、審査や不動産の担保価値の調査や鑑定など、融資を受けるまでに時間がかかるケースもありますので、時間的余裕も必要といえます。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。