キャッシング会社からお金を借りる


キャッシング会社を利用すれば、誰にも迷惑を掛けずにお金を借りることが出来ます。
全て自己責任で借りるので、大切な家族や友人に迷惑を掛けることなくお金を借りることが出来ます。

キャッシング会社にとってもお金を貸すことが仕事ですので、快くお金を貸してくれます。

そして実際にキャッシングを利用してみると分かると思いますが、思った以上に簡単です。
上手に利用すれば急にお金が必要になったときでも手軽にスグ借りれるので便利です。

CMや街中でもキャッシングをよく見かけますが、キャッシング利用者がそれだけ多いということです。
キャッシング利用者がこれだけ多いのも便利だからです。
あなたの周りにもきっとキャッシングを上手に利用している人がいると思いますよ。

ただ、便利な反面、怖い面もあります。

無計画なキャッシングをしてしまうと、返済が難しくなってしまう場合があります。
お金をためて、節約して、返済する、という方法ももちろん重要ですが、返済に不安を抱えているなら、低金利のキャッシングを選ぶだけでも、十分な節約になります。

キャッシング会社によっては倍以上の金利差が発生するところもあるのです。

返済額を少しでも楽にするなら、低金利ローン。
急いでいるのであれば、即日審査。
複数借り入れがあるなら、おまとめローン(一本化ローン)。
一時的な借入予定なら短期間無利息キャッシング。

キャッシング会社によって、それぞれ特徴があります。

自分にあったキャッシング会社を選ぶことにより満足度や使いやすさも変わってくるはずです。
しっかりと計画して自分にあったキャッシング会社を選ぶようにしてください。

家族や友人からお金を借りる


ちょっと足りないとき、こんな時は、家族や友達が貸してくれることもあると思います。
貸してくれる人がいるなら、その人にお願いしてみても良いかもしれません。

1万円くらいなら貸してくれる人もいるでしょう。

5万円、10万円となればどうでしょう?
誰にでも頼める金額ではないと思います。

もし貸してくれる人がいるのであれば、あなたはラッキーです。
あなたのことを本当に信頼してくれている人がいるということなのです。
一生付き合える友人かもしれません。

ただお金とは怖いもので、金額が大きかったり頻繁に繰り返してしまうと、人間関係まで壊してしまうのです。
そして、一度失った人間関係は返ってきません。

依頼をして貸してくれなかったとしても、それだけで人間関係に何らかの影響を及ぼす場合もあります。
「お金を受け取っていないのに」です。
依頼をして断られている時点で、それだけ信頼性が落ちているということなのです。

お金とは怖いもので、人それぞれ色んな価値観がありますが、お金に関しては皆敏感になりがちなのです。

政治家だってそうですよね。
きっと初めは「この国を良くしたい!日本を変えて見せる!」とかそういう強い気持ちは持っていると思うのですが「お金」が人格を変えてしまうのです。

もちろん一部の政治家だけですが。。。
一応、訂正しておきます。

お金は後で一生懸命仕事して節約して貯めることは出来ても、人間関係は一度壊れてしまったら修復がかなり困難になります。
修復不可能と言ったほうが良いかもしれません。

お金よりも大切な家族や友人を失ってはあなたも後悔するでしょう。
借金があるうちは一時的に後悔する余裕すらなかったとしても、いずれ後悔することになるでしょう。

そういうことにならないように、大切な家族や友人からお金を借りる場合は相手のこともしっかりと考えましょう。

「お金が出来たら返す」というのは貸し手側にとっては不安に感じるものです。
借りる前に後々トラブルにならないように、いつまでに返すというのをはっきりと決めておきましょう。

お金が「無料」で借りられる!?


不景気が長引き、「節約」することがすっかり定着した今日この頃。
買いたい物もちょっとガマン。外食も控えて家で焼肉パーティーなんてことも定着しつつあります。しかし、そんな節約生活を続けていても、急にお金が必要になることだってありますよね。

たとえば冠婚葬祭。
まさか欠席するわけにもいきませんから、どうにかお金を工面することになります。
貯金を取り崩すなら問題はありませんが、貯金が無かったり、貯金を取り崩したくない人はどうしましょうか?

消費者金融のサービスのひとつに「30日間無利息」ローンがあります。
聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
すべての消費者金融にこのサービスがあるわけではありませんが、ここ数年の利用者の増加もあり、無利息ローンを始める消費者金融は増えています。

「な〜んだ、無利息ローンか」と思わないでくださいね。
消費者金融にとって利息は主要な収益源です。
その大黒柱たる利息を無料にするというのですから、これはかなり大胆なサービスと言ってもいいでしょう。
何しろ「無料」で借入れ出来る金融機関は、日本中どこを探したって消費者金融しかありませんから。

消費者金融のその他の利点としては、「いつでも返済できる」ことと「多くの返済方法がある」ことが挙げられます。
これは非常に便利なのですが、その効用は単に「便利」とか「楽」と言うだけに留まりません。
期限内であればいつでも返済できるので、早く返すほど利息が少なくて済みます。
また、返済場所も提携のコンビニやATMなど街中に数多くあるため、わざわざ出掛けたりする面倒がなく、気軽に返済できます。
これは返済ばかりではありません。
借入れも提携のコンビニやATMで出来てしまいます。

消費者金融は個人向けの融資に特化しているだけあって、借入れも返済も面倒になることがないような環境作りがしっかり出来ているのですね。
他の金融機関ではあまり見られない消費者金融のこの環境は、活用の仕方によっては大変便利にお得になります。

消費者金融の審査基準 信用情報機関について


審査が通らなかった・・・
その原因はこんなことかもしれません。

・支払いが3ヶ月以上延滞したことがある
・短期間(1ヶ月から3ヶ月位)の間に複数回の融資申し込みをしている
・借入総額が年収を上回っている
・過去に自己破産したことがある(7年以内はおおむね無理)
・社会人歴がある程度あるのに信用情報がまったく無い(逆に不振がられる)
・申し込み時の記載と照会内容に著しい相違がある
・借入件数が多い

このような情報は信用情報機関によって紹介されます。
信用情報機関にはその金融機関の系統によっていくつかに分かれています。

【全国銀行個人信用情報センター】(略称「KSC」)
全国銀行協会が運営する信用情報機関です。会員は、おもに銀行、信用保証協会、その他銀行と同一視される信用機関です。


【株式会社シー・アイ・シー】(略称「CIC」)
日本クレジット産業協会と全国信販協会が母体の信用情報機関です。会員は信販会社を含むクレジットカード発行企業と、自動車や機械等のローン・リース会社と、一部の大手消費者金融会社です。


【 株式会社シーシービー】(略称「CCB」)
外国資本の消費者金融専業会社などが設立した信用情報機関です。信販系、消費者金融、銀行系と業種をまたがって利用できることが特徴です。


【 全国信用情報センター連合会 】(略称「全情連」「FCBJ」)
商工ローンと消費者金融が主な会員です。情報更新が早いことが特徴です。

ショッピングのリボ払いは便利だが・・・キャッシングの返済方法


キャッシングの返済方法でも、リボルビングが主流になっています。
利用限度額内なら自由に出し入れできるので、とても便利です。

リボでショッピングをする。月々の返済金額は1万円に設定。次の月には5万円のお買い物。毎月の出費は1万円のまま。
いくら買い物をしても返済で財布が痛むことがない。
感覚がマヒして、どんなものでも月々1万円の支払いで買えちゃう!ような気分になってしまう。
限度額いっぱいになって、びっくりする。それでも止められない。
もうリボルビング中毒になっているから。
別のカードを使ってリボを繰り返す──。

一時にくらべるとカード破産のニュースは少なくなってきました。
自己破産申立件数も、平成15年をピークに減少し続けています。
減ったとは言えその数は12万人以上(21年度)。
1日に300人以上が自己破産に走っていることになります。

月々の返済を抑えられるのは、リボ払いの大きなメリットです。
自分のライフスタイルを返済のために大きく変える必要がありませんからね。

その反面、「元金を減らそうという意識が薄れてしまう」「返済期間が長引きやすい」といった危険があることは理解していたはず。
なのに、便利だからとついついリボ払いを重ねて泥沼に…。
そんなパターンの人が多いのではないでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。