消費者金融のカードローンの審査が心配です・・・


審査に不安がある方は多いかと思います。
基本的には50万円までの融資であれば比較的容易に借り受ける事が出来るのですが、それ以上の金額の場合には審査基準が格段に跳ね上がります。

審査に不安があるという方に是非お勧めしたいのが、必ず電話や口頭で一度相談をするという事。
どういった理由でお金が必要なのか、これは貸し付ける側が最も知りたい情報の一つではあります。その用途と収入状況(審査内容)により、貸付の是非が異なる事もありますので、不安な場合にはそれを解消する努力をしていきましょう。

基本的には審査は貸付業者ではなく、信用情報機関が行います。その情報を元に各会社が判断をする事になりますので、マニュアルな応答だけではない、親身になって対応している部分があるという事も忘れないようにしてください。
ただし、その上で断れた場合には貸付業者も相応の考慮をした上での判断結果になりますので、他の貸付業者でも借入は厳しいと考えた方が無難です。

どういった審査であれ、しっかりとした情報を掲示するという事が、審査に最も通りやすい方法になりますので、最初のスタートから誠意を示すという事を忘れないようにしましょう。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カードローンって1回でどのくらいまで借りることができるの?


一般的には50万円まで借りる事が可能です。
それ以上の金額を希望する場合には給与明細(所得証明等)、保証人、担保が必要に。

初回からいきなり大口の借入をするのは、簡単ではないという事を覚えておきましょう。

各社により一回の取引上限額が設定されていますので、まずは各社の情報を確認してください。
窓口で断られる事があっても、営業担当の方との相談内容次第では便宜を図ってくれる事もあります。
しかし、その場合にはそれ相応の理由と、返済目処が必要不可欠となってきますが。

一回で50万円まで借りる事は、原則可能ではありますが他の貸付業者から借入をしている場合には、50万円でも厳しい場合があります。
貸付内容は信用情報機関でほとんど共有していますので、自分の現在の借受状況と照らせ合わせつつ申し込みをする必要があります。
あまりに既存の借受金額が大きい場合には、一回の借入可能額が小口に設定、もしくは断れる場合もある事を忘れないようにしてください。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪質な取立てって本当にあるんですか?


借金をする=取立てが怖いというイメージの方も多いかもしれませんが、決してそんな事はありません。

現在では回収に関する法律が施行されていますので、これを違反した場合貸付業者に行政処分が下る事になります。
どういった部分で悪質と感じるのかは人それぞれだと思いますが、一般常識を逸脱した取立ては全て違法だという法律です。

取立ての方法にもよりますが、基本的には電話が取り立ての代表になるかと思います。
どういった形にせよ、朝8時から夜9時の間に取立て業務を行う事は出来ません。
もしこれを破った場合には、こちらから訴訟を起こす事も可能です。(あまりにしつこい場合)

悪質と感じる部分で、相手の電話対応等が脅しに近いという場合もあります。
催促と脅迫はまったく異なりますので、どういったケースであれ貸付業者が声を荒げて取り立て業務をする事はありません。
ただし、こちらの対応があまりに不適切かつ挑戦的な場合は、相手の方も人間ですので怒る事はありますよ。
逆にこちらがしっかりとした対応をしている限り、悪質な取立ては存在しないと考えておきましょう。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消費者金融のカードローンって年会費はかかるの?


年会費は必要ありません。
ただし、一部付随、付加機能がある場合には、年会費を徴収される事もあります。
例えばクレジットカード機能(ショッピング)、それに合わせた保険機能等です。

一般的にはカードローンを申し込んだ時点でこれらの機能が付けられる事はほとんどありませんので、申し込み時にしっかりと要項を確認しておきましょう。
信販会社系の場合には、クレジットカードとセットで申し込むと、金利が安くなるといったサービスが展開されている事も少なくありません。
しかし、申し込み用紙、口頭説明でそれらの内容に触れていない場合は、一切年会費がかからないと考えておいて間違いないです。

基本的には利用した金額の手数料、金利が主な収入源になっているため、年会費を徴収する必要性があまりないのがカードローンの特徴。
その分、クレジットカード等と比較した場合、支払い期間が長くなってしまうというデメリットもありますが、早期に返済する場合にはカードローンの方がお徳です。

また一部年会費を徴収している金融会社も存在していますが、そういった場合には必ず何処かに明記されていますので、見落とさないよう注意しましょう。


| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消費者金融の金利の仕組みがよく分からない・・・


金利の仕組みは非常に難しいです。
また契約書や説明書の金融用語も非常に難解です。
金利の設定は各社によって異なるため、支払い方法が違うという事も少なくありません。

定額元利、定額元金等のように、一文字違うだけでも意味が変わってきますので、わからない場合には契約会社へ確認をされる事をお勧めします。また契約をしていない場合でも、顧客への説明義務があるため快く回答をもらえる事がほとんど。
中には一部対応が悪い会社もありますが、そういった貸付業者から借り入れるのは止めておきましょう。

金利の設定、支払い方法に関する質問は多いのですが、金融関係の用語、仕組みへの質問は躊躇される方が多いです。
しかし、貸付会社から見た場合、未然にトラブルを防ぐためにもある程度の知識を提供しようという姿勢があります。
つまり双方にとってメリットになる形であれば、わざわざ自分で調べる必要がないという事。
もちろん覚えよう、理解しようという姿勢は大切です。

ただし、通話料だけはかかってしまいますので、やはりある程度は自分で勉強しておきましょう。
利用する金額、期間、それに合わせた月々の金利、トータルの金利といったように、質問を絞って問い合わせできるようになるとベストです。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。