消費者金融カードローンの審査に落ちた理由が知りたいのですが・・・


審査に落ちる原因というのは複数考えられます。

まずは、申し込み金額がいくらになっているのかが重要。
必要としている金額と、個人の信用基準が釣り合っていない場合には審査が通りません。

カードローンを扱っている会社にもよりますが、ほとんどの場合は理由や可能利用金額を教えてくれない事が多いです。
中には可能限度額だけは教えてくれる会社もありますが、審査に関する判定理由は教えてくれないです。
審査の基準は非常に複雑に設定されていますので、これを外部に漏らすという事はありません。

次に複数の借入をしていないか、もしくは同時に申し込んでいないかという事も大きな基準になります。
基本的には複数から借り入れるという事は信用を大きく損なう行為になりますので、例え安定した収入を持っていても審査に通らない時は多いです。
信用が十分であれば限度額を増設するだけで済む話ですので、トータルでの月支払額が大きくなると安易に想像できる場合には貸付をしてくれません。

最後に、過去に法的処置を受けている場合には厳しくなります。
俗に言うブラックリストを登録をされると、登録されてから最短でも数年以上は新規の貸付が出来なくなっていますので注意が必要。
(年数は各社により異なりますが、自己破産の場合は10年以上かかります)

これら以外にもトラブル、延滞が多い場合には信用情報機関からストップがかかる場合もありますので、審査に落ちた理由を自分自身でよく考えて改善していきましょう。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

複数で借金をしていてもカードローンの審査は大丈夫?


すでに複数の金融機関から借入をしている場合、審査は一気に厳しくなります。

まず、一つの貸付会社から「この金額まで融資可能(貸付限度額)」と設定された金額が、申込人の現在の信用値額という意味になります。
つまり、その範囲内でお金の管理が出来た上での審査という事になりますので、スタート時点から一気にハードルは高くなるという事に。

ここからさらに借入をしたいという場合には、今までの信用実績が問われる事になります。

今まで支払いを滞った事がない。
トラブルを一度も起こした事がない。
過去金融関係で法的なペナルティ(処罰)を受けた事がない。

こういった方であれば複数借入している場合でも、額は小さくなりますが借り入れる事は可能です。具体的にいくらまで借り入れる事ができるのかは、個人によってまったく状況が異なるため明確には出来ませんが、一般的には10万程度が限界です。
複数借り入れる事へのメリットは正直薄いため、一つの金融機関で信用を構築し、限度額を増額した方がお徳ではあります。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生でもカードローンの審査は通りますか?


可能です。

学生向けのカードローンもたくさんありますので、そちらの場合には保証人、担保が必要ないのでお勧めです。

しかし、金利が高い場合もありますので、出来れば保証人や担保を揃えてから、低金利の機関から借り入れた方が無難です。
すぐに返済可能なのであれば、学生向けカードローンの方が利用はし易くなっています。
こちらはケースバイケースですので、自身の状況に合った会社を選択していきましょう。

また、学生の場合でも高額借入となると、どの金融機関でも保証人、担保は必要となってきます。
原則として50万円以内であれば、借入は比較的簡単だと覚えておきましょう。
学生の場合でも、用途の理由を尋ねられる事は基本的にはありませんが、金額や返済内容によっては質問をされる事もあります。
興味本位で担当の方が聞く事もありますが、契約内容の説明時に確認事項として尋ねられた場合には、しっかりと解答を用意しておきましょう。

学生の場合には無収入、無計画で申し込みをしている人も少なくありませんが、今後のためにもしっかりとした計画を立てる癖を付ける事が大切です。


| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カードローン審査の在籍確認の電話ってどんな感じ?


本当にその仕事についているのか、また所属しているのかを確認する電話になります。
一般的には職場、保証人の場合には本人とその職場に在籍確認の電話がされる事になります。

この在籍確認の仕方は各社によって異なりますが、原則として契約内容を告げる事はほとんどありません。

また、会社名(貸付会社)を告げる事もなく、シンプルに「本当に在籍しているのかどうかの確認をする電話」になります。
ただし、トラブルがあった場合や申し込み人と連絡が取れない場合には、社名、担当名、契約内容の一部を公開して在籍確認がされる事もあります。
内容が特殊な在籍確認の場合はその理由を明言される事がほとんどですので、特に理由もなく契約内容を他者に漏洩している場合にはしっかりと理由を追求しましょう。

契約内容は個人情報(プライバシー)項目になりますので、正当な理由がない限りはどのような金融機関でも告知はできなくなっています。

この在籍確認でもし虚偽があった場合には、契約自体が無効となる事もありますので、在籍確認の連絡先(勤め先等)は必ず通話可能な電話番号を明記しておきましょう。
休日、営業時間外などは貸付会社が配慮を行ってくれますので、別途通達する必要はありません。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルバイトでもカードローンの審査は通りますか?


通ります。

ただし、無職期間が長く、仕事を始めたばかりだという場合には厳しくなります。
信用情報は一年毎に実績としてカウントされる事が多いので、出来れば一年以上の経歴を作っておきましょう。

また、高額の借入をする場合には、給与明細が必要となるので注意が必要です。
バイトの場合には給与を手渡しで貰うという事もいらっしゃるかと思いますが、必ず給付された記録も受け取っておく事をお勧めします。
これがないと証拠としての立証が難しくなりますので、いかに口頭で力説しようと効果は一切ありませんよ。

最近ではフリーター、契約社員といった職業の方も多いので、各貸付業者も柔軟な姿勢を見せています。
また過去に借入をし、信用としてすでに情報を構築している場合には、審査は格段に通りやすくなります。
バイト歴が長い場合には、大口の借入が出来る事も少なくありません。
どのような仕事でも定職として働いている以上は、自信を持って申し込みましょう。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。