カードローンはどこで借り入れできますか?


カードローンの利用は契約会社のATMから借入が可能です。
キャッシングの場合は提携先のATMでも大丈夫です。
(カードローン、キャッシング、どちらも原則同じ意味)

申し込み時は専用ATM、もしくは口座振込みで借り入れる事が出来ます。
初回から限度額いっぱい借りても問題ありません。

気軽に利用できるのがカードローン最大の売りでもありますが、それゆえに使い方を間違えると大変な事になります。
借金をしているという意識だけは絶対に忘れないようにしましょう。
また簡単に借入が出来る故に、カードの管理は徹底してください。

基本的にはどういった方法で借入をするにしても、必ず暗証番号が必要になります。
ATM、ネットキャッシング、共に細心の注意を払って利用してください。

ATMの中には借入できない機械もあるという事にも注意が必要です。
何度通しても「このカードは利用出来ません」という表示が出ますので、事前に利用できるATMなのかを確認しておきましょう。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カードローンの限度額を増額したいのですが・・・


限度額増額を自分で希望する場合には、必ずこちらからアクションを起こす必要があります。
電話で相談をする事も出来ますので、どうしても現在の限度額で足りていない場合には一度確認をしてみましょう。

また、書類やネット上からでも申し込みは出来ますが、増額する事にも審査が必要になってくるという事を忘れずにして下さい。

限度額を増額するためには、その金額に合った信用を構築しなければいけません。
基本的には長期間何の問題もなく返済する事で、意外と容易に限度額を増額する事は可能です。
逆に頻繁な利用と円滑な支払い履歴で、契約会社から増額の確認が来る事もあります。

限度額の増額は通常10万円単位で行われる事がほとんどですが、この金額を5万単位で設定する事も可能。
限度額が増える事で支払い管理が出来なくなる人もいますので、自分に合った限度額を自分で見出す事が大切です。

限度額が何処まで増えるのかは各社によってまったく異なりますので、そちらは事前に確認をしておきましょう。
初回50万円で借り入れた人がいきなり数百万円まで増額をする事は厳しいので、段階を踏んで申請をするという事もお忘れなく。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カードローンの支払い方法を変更したいのですが


支払い方法は口座引き落としが基本ではありますが、振込みで行う事も可能です。
ただし、振込みの場合は手数料を借入人が支払う事になるので、あまりお勧めは出来ません。

支払い方法を変更する事自体は、信用情報に傷を付ける事にはなりませんので、各自に適した方法で選択する事が可能です。

銀行口座が一つしかなく、その銀行が倒産した場合には引き落としが出来なくなる事もあります。
また、新規の口座開設に遠方の場合は数週間の時間を要します。
こういったしっかりとした理由がある場合には、事前に電話や書面で連絡を入れておきましょう。

しかし、原則として口座を保有している事も信用情報の一つに設定されている事が多いので、初回から口座がないというのはあまりお勧め出来ません。
口座作成にロックがかかるというのはよっぽどの事ですので、この点に神経質になる貸付業者もいます。
通常は振込みか口座引き落としの二つを選択できますので、不安な場合は事前に確認をしておきましょう。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

返済期日に間に合わない・・・どうすればいい?


通常は支払い方法が口座引き落としになっていますが、何らかの事情で引き落としが出来ない場合は契約会社から葉書か電話で通知がきます。
この時点で信用情報に傷をつけてしまう事になりますので、正当な理由があった場合には必ず事前に連絡をしておきましょう。

すぐにカードローン契約会社へ連絡を入れてください。

正当な理由は個人の裁量ではなく、貸付会社の判断になります。
各社により譲歩できる部分は異なりますが、止むを得ない理由であれば信用情報に傷を付けることなく返済期日を延長可能です。

勤め先の会社が倒産し、給与の支払いを拒否された。
事故に遭い、振込み(預け入れ)が出来ない。
入院中のため支払いが遅れる。

こういった場合には、返済期日の見直しをしてくれる場合もあります。
しかし、ある程度はこういった事態を予測して、返済プランを立てるのが借入のマナーではあります。

どちらにしろ、返済期日を過ぎるという事は印象が悪くなるという点だけは忘れないようにしましょう。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

審査が短い消費者金融って大丈夫でしょうか?


大丈夫です。

どの金融機関でもそうですが、審査は各社ではなく信用情報機関が登録情報を元に判断を下し、そこから各社が結果を通告するというスタイルが一般的です。
そのため、審査が短い貸付会社ほど、信用情報機関の採決を重視しているという傾向にあります。

審査に時間がかかる貸付会社の場合は、信用情報機関と照らし合わせつつ独自のモデルケースを参考に判断を下しますので、時間はかかりますがOKが出やすいという特徴もあります。
時間がかかると言っても多くの場合一日程度ですので、焦らず待つのも一つの手段ですよ。

信用情報機関は過去の申し込み内容も全て保有していますので、判断基準が豊富にあるという特徴もあります。
そのため、各社の信用が非常に厚い機関にはなるのですが、柔軟な対応には弱いという特性もあります。
カードローンの場合には、信用情報機関に問い合わせる前にOKを出すという貸付会社も若干ではありますが存在しています。
その場合には小額の貸付をメインにしている会社が多いのですが、会社独自で審査を行うため、時間はある程度かかると覚悟しておきしましょう。

ただし、どれだけ短い審査時間であっても、審査が一切ない貸付会社というのは闇金業者ぐらいですので、必ず審査を行っている会社から借り入れるようにしてください。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。