キャッシングのデメリットって何?


デメリットの代表格は、やはり金利でしょう。

普通のキャッシングにしてもローンにしても、これらにはすべて金利がつきます。
充分なお金があれば払う必要のないモノ、それが金利。

このへんは、自分の中でどれを最優先にするかによって変わってきますね。

多少無駄なお金を払ってでも、豊かな楽しい人生を送りたい。
多少我慢をしてでも、無駄なお金は払いたくない。

どちらが正しいわけでもありませんが、無駄に払ってもやっていけるという計画性もなく、豊かな生活を求めることは絶対に駄目です。
それだけは避けましょう。

他のデメリットとしては、プレッシャーとの戦いというのもあります。

キャッシングをすると、その時点から体調を崩したりして倒れることができなくなります。
支払いを完了させるまでは、しっかりと働き返済をしていかなければならないのです。

借りたお金が返せなければ、家族などに嫌な思いをさせることもあるかもしれません。
また、職場で辛い思いをすることもあるかもしれません。
ローンの支払いが滞れば、せっかく手に入れた家や車を手放すハメになるかもしれません。

そんなプレッシャーに耐えなければいけないことも、結構大きなデメリットでしょう。
これらのメリット・デメリットを踏まえ、よく考えて皆さんが良いと思われる選択をしてください。


| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッシングによるメリットとは?


まず、キャッシングをするということは、キャッシングをすることによって救われることがあるということですよね?
この時点で大きなメリットを得ています。
それで乗り切れる問題ならば、そこは普通に利用すべき。
もちろん、返済のアテがあるということが大前提ですが。

返済できないキャッシングは、決して報われることはないので手を出さない。
これは基本中の基本。
そのような場合は、違う手段で代替するしかありません。

もう一つのメリットは、「商品を先取りできる」ということ。
いわゆる「ローン」というやつですね。

家や車などの高額な物は、一括で購入するのはなかなか難しい。
ならば、キャッシングしてでも買ってしまおうというのが「ローン」というもの。
月々いくらずつ払っていくので、この商品を売ってください、というわけです。

どうせ使うものなら、早めに手に入る方がいいに決まってます。
こうして生活を豊かにしてくれることが、キャッシングの最大のメリットでしょう。

せっかく生きてるんですから、できるだけ楽しまなきゃ損。
最終的には払うのだから全く問題なしです。


| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネスローンのメリット・デメリットが知りたい


ビジネスローンなら、素早い資金調達が可能です。
中小事業者や自営業者などが事業資金を借りる場合、大きく分けて公的融資と民間融資の2つの方法があります。

公的融資は、日本政策金融公庫、信用保証協会、商工会議所、自治体(都道府県や市区町村)などの公的機関による融資です。
直接融資を行うほか、金融機関からの融資に利子補給を行ったり、債務保証をしたりと、間接的に中小事業者の資金調達を後押しする形式を取っている場合もあります。
公的融資は、融資枠が比較的大きく、金利も低めなのでまず検討したいところですが、審査に比較的時間がかかり、利用対象の業種や利用条件が限定される場合もあるので注意が必要です。

それに対して、民間融資は、いわゆるビジネスローンなど、銀行等民間金融機関の融資です。
ビジネスローンは、公的融資より融資枠は小さく、金利が高めな場合もありますが、比較的必要書類が少なくて審査期間が短く、利用条件も緩やかなので、急を要する資金需要にはビジネスローンが向いているでしょう。

事業資金の調達を考える際には、事業所の所在地や業種で利用可能な公的融資にはどんなものがあるのかを把握し、有利に使えるビジネスローンをピックアップした上で、金利や審査期間、利用条件等を十分比較検討することが大切です。


| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消費者金融ビジネスローンとは?


ビジネスローンとは、中小企業や自営業者を対象とした民間金融機関の小口・短期のローン商品です。
中小事業者向けの小口の貸付はノンバンクが中心となって行われていましたが、現在は銀行系金融機関も数多く参入しています。

「ビジネスローン」には、一般的に次のような特徴があります。

1.中小企業・個人事業主対象であること
2.無担保・無保証人(第三者の保証が不要)
3.審査時間が短い(即日融資実行な場合もある)
4.審査に必要な書類が比較的少ない
5.融資枠が比較的小さい
6.返済期間が比較的短い

ただし、「ビジネスローン」というはっきりした定義があるわけではないので、担保が必要なものや担保を前提としているもの(不動産担保ローンなど)、借入期間が長いもの、第三者の保証人が必要なものなどもあります。
「ビジネスローン」という名前であっても内容は異なるので、借入時には個々の商品内容のチェックが必要です。

さらに、ビジネスローンは、銀行系かノンバンク系かによって違いがあります。

銀行系のビジネスローンは、比較的金利が低めで返済期間も長めに設定可能であり、借入可能額も高い商品が多いようです。そのかわり、必要書類が多くて審査が厳しく、審査にかかる日数は長めになります。

一方、ノンバンク系のビジネスローンのメリットは「スピード」です。
金利は銀行系に比べて高めで借入可能額も低めですが、必要書類が少なく、早いものは数時間で審査可能と審査期間が短く、急な資金需要に強みを発揮します。

時間的余裕があり金利負担を抑えることを重視するなら銀行系を、手間なくスピードを重視したい場合はノンバンク系を・・・と、資金需要の内容によって、ビジネスローンは使い分けることが肝心になります。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産担保ローンのメリット・デメリットが知りたい


低金利でまとまった金額が借りられる点がメリットですが、返済不能になれば不動産を手放さなくてはならない点がデメリットです。

「不動産担保ローン」のメリットとしては、不動産という担保が設定されているため、通常の無担保のフリーローンよりも、低い金利で、まとまった金額の借り入れができ、借入期間も長期で設定することができるという点があります。

また、このローンの目的は、特に問われることがないため、おまとめローンなどにも利用できます。

一方、デメリットとしては、債権者の返済が滞った場合、担保不動産を売却することで債権を回収するわけですから、万が一の時に、不動産を失う可能性があるという点があります。
借り入れの際には、きちんと返済できるかどうか計画を立てて利用することが大切です。

また、このローンを利用する場合、その不動産の担保としての価値を調査・鑑定し、融資実行時には、不動産登記する必要がありますので、そのための登記費用・印紙代が実費負担となり、融資にかかる事務手数料もかかるという点にも注意しましょう。

商品によっては、担保ごとに金利等が異なる場合もありますので、複数の業者から審査を依頼し、少しでも有利な条件のものを選ぶことが大切です。

なお、このローンは、審査や不動産の担保価値の調査や鑑定など、融資を受けるまでに時間がかかるケースもありますので、時間的余裕も必要といえます。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。