CRINとはブラックリスト、事故情報、移動情報を共有化したもの


CRINとは、信用情報機関が各業態と提携している「ブラック情報」の共有化を名称にしたものです。

日常でもよく耳にする「ブラックリスト」のことであって、業界では、1回でも「致命的な悪さ」をした人を、「徹底的に排除」しています。

ブラックリストは、正式には「移動情報」や「事故情報」と呼ばれているものです。

消費者金融やクレジットカード会社では、審査の際に自社が加盟する信用情報機関で「ホワイト情報」を照会し、CRINで「ブラック情報」を照会します。
これらは、一括照会されることが多くあり、時間をかけずに利用者がどの対象になるのか把握できるようになっています。

CRINは、日本情報センター(JIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、シー・アイ・シー(CIC)の3機関によって運営されており、過剰貸付、多重多額債務者発生の防止を最大の目的にしています。

しかし、CRINにも盲点があります。それは、「ブラック情報として交流する基準が必ずしも3機関で統一されていない」というところです。

あくまでも、各機関の基準によって定められた情報のみが交流されるので、たとえば「全情連で起こった事故」を、必ずCRINに流してCICやKSCが知らさなければならない…というわけでもないのです。

交流基準が統一されない理由は、「お客さんを奪われたくない」というような、単純な理由のようですが、この盲点をついて甘い誘惑をする悪党がいるので、要注意ですよ。


お金借りたい!消費者金融で少しでも早く借り入れするには?


とにかく、1分1秒でも早く借入がしたい場合は、電話による申込をすることをオススメします。
電話をかけたら契約ができる…ということではなくて、「借入が可能か」ということがわかるので、2度手間3度手間が省かれるという点で利用をしましょう。

新規利用者が避けたいのは、「申込に行ってから、その場で断られる」ということ。
これほど無駄な労力はないし、これ以上の屈辱はないからです。

FAXでの申込はほとんどの会社で行われていません。これは、万が一、訴訟沙汰になったときに業者側が契約書などの「原本」がないと不利になってしまうからです。


消費者金融相談【自動契約機について】


自動契約機が登場してから、心理的ハードルが低くなった分、キャッシングをする人が多くなってきました。
自動契約機というのは、店頭窓口のように対面式ではなくなった分、気軽に利用ができますが、間接的にはカメラやモニターなどでキッチリ監視されていることはわかっていて欲しいと思います。

機械の周りのパンフレットなどをゴソゴソ漁ったりしていると、機械に取り付けられている電話がなったりして「どうされましたか?」なんて聞かれることもあります。
以下に自動契約機での契約の流れを書いておきますので、必要な際はご参考に。

1、ブースに入室して着席。
2、モニターのタッチパネル画面で新規申込を選択する。
3、契約の事前同意や、個人信用情報機関への照会承諾の確認。
4、本人確認書類をスキャナーにセットして送信。
5、口頭で証明確認が行われる。
6、申込書を記入し、スキャナーで送信。
7、受付けセンター側では、証明書と申込書の照合が行われる。
8、タッチパネル形式で各属性の聴取が始まる。
9、聴取終了後、在籍確認などの審査が始まる。
10、与信責任者が借入限度額を最終決定。
11、モニターに借入限度額が表示され、最終的な契約意思の確認がとられる。
12、承諾すると契約書の作成開始。
13、契約書記入をし、送信。
14、受付けセンター側が契約書の内容を確認し、その控えを利用者に渡す。
15、カードが発行される。
16、店内のATMでキャッシングが可能となる。

一人で契約に行くのがイヤだからといって、恋人や友人などを同伴してくる人もいますが、コレは厳禁行為なので注意しましょう。


【地震被害 取引先宛】災害見舞状 文例/例文 書き方【地震お見舞い文例】


災害見舞状(地震 取引先 見舞送り状)文例と書き方

掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままワープロソフト/メールにコピーしてご利用いただけますが、
内容は目的に応じた変更、追加が必要です。
また、文例中に括弧で括られた語句または文章がある場合、
ご自身の状況や心情に応じた語句等を選択していただければ前後の文章が成立するようになっています。

(前略/冠省) (昨日/先日/先般)の地震で(御地が/貴社周辺地域が/貴社社屋も)激しい揺れに遭われ甚大な被害を受けられたとのこと、心からのお見舞いを申し上げます。

復旧にはたいへんなるご苦労もあるかとは存じますが、一日も早く(営業再開/通常営業/通常操業)ができますことを(衷心より/切に)お祈り申し上げるます。

本来なら、直ぐにも(お手伝い/お見舞い)にお伺いすべきところですが、(お取り込みの最中でありましょうから/遠方でもあり/そうもいきませず)、(心ばかりの/失礼ながら)お見舞いを同封いただきました。何かのお役に立てていただければ幸いに存じます。

(取り急ぎ/甚だ略儀ながら)、書中をもちましてお見舞い申し上げます 。


早々

平成 年 月 日

株式会社 ОΟОΟ
代表取締役社長 ОΟОΟ
〒000-0000 ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号
電話 000-000-000 /FAX 000-000-000


消費者金融相談【キャッシングのメリット】


キャッシングは、『いざと言う時、役に立つ』のほか、『無担保・無保証(保証人不要)』『スピード審査』『いつでも利用できる』など、消費者のニーズを的確に捉えたサービスがあるというのが最大のメリットです。

銀行などは、リテールに力を入れると入ってますが、基本的には担保主義で企業向けの融資が中心です。
消費者に対してきめ細かなサービスが出来ているとは言えません。

その点、消費者金融各社は、ユーザーのニーズに応えるようなサービスを行っています。『借りやすい』のも特長ですが、『返しやすい』というのも大きなメリットです。

 まず返済方法に違いがあります。

消費者金融では分割払いのリボルビングで日割計算され、お金の余裕が出来たらいつでも好きなときに返せる便利な返済方法があります。

もちろん、利息も利用日数分しか必要ありません。クレジットカードの場合は、同じ日割計算と入っても、返済は月に一度と決められていますが、消費者金融はお金が出来たときにいつでも返すことが出来るため、その分ロスとなる金利を支払わずにすみます。

 また、銀行の場合は、自分の預金を引き出すのに、時間外や他行からだと手数料を取られますが、消費者金融の場合は、時間外や日曜、祝日でも余分な手数料はかかりません。

 高いといわれてきた貸出金利も各社の引き下げ努力と2000年6月1日から出資法の改定で貸付上限金利を年29.2%に引き下げられたこともあり、すでに銀行・信販などのカードローンの利率とほぼ差はなくなりつつあります。

ネット専業の消費者金融でしたら、むしろ銀行・信販より低金利だったりします。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。