ローンのメリット・デメリット


ローンはある程度の額を低金利で借りることができます。
ここでは、ローンの中でも、カードローンのメリット・デメリットを、キャッシングと比較して整理してみましょう。

カードローンも、銀行や信販会社(カード会社)、消費者金融などさまざまな金融機関が取り扱っており、金融機関によって、審査にかかる時間や金利、返済方法などの条件が異なります。

例えば、クレジットカードのカードローンには、キャッシングサービスのほかに、カード会社が会員向けに行うリボルビング方式の融資制度があり、通常、キャッシングよりカードローンの方がまとまった資金を借りることができます。

また、銀行系のカードローンの場合など、キャッシングよりも低い金利で融資を受ける点もメリットの1つです。

一方、デメリットとしては、ローンはキャッシングに比べて、審査が面倒で、時間もかかりがちな点が挙げられます。

キャッシングと(カード)ローンの区別はあいまいで、「キャッシュ(現金)を中長期で返済していく」という意味で「キャッシングローン」と呼ぶケースもあります。

事業者向けのキャッシング ローンの種類


事業者向けのローンには、個人事業主や中小企業の経営者などをおもな対象として無担保で事業資金を融資するビジネスローンや、不動産や株式ななどの資産や事業上の債権などを担保とする有担保のローンがあります。

ビジネスローンは、一般に、銀行融資などよりも手続きが簡便で審査のスピードも早く、事業上の急な資金需要への対応に便利です。
有担保ローンの場合は、無担保の場合よりも必要書類が多く審査に時間がかかりますが、より低金利での借入が可能になります。

事業者向けローンに限ったことではありませんが、一般に手続きが簡単で担保や保証人の必要でないローンほど金利が高いものです。
借入目的や状況に応じてローンを使い分け、無理のない返済計画を立てた上で利用しましょう。


事業者向けのローンなど
ビジネスローン 自営業者や中小企業経営者等を対象とした無担保融資。
手続きが簡便で審査時間が短く、素早い借入が可能。

ビジネスカードローン
ビジネスローンのうち、カードが発行されて、決められた限度額の範囲内であれば、何度でも現金の引き出しができるローン。

ご経営者向け不動産担保ローン
保有する不動産を担保とする有担保ローン。
一般に無担保ローンよりも低金利で、保有不動産の価値が高ければ、高額の借入も可能になる。

その他担保ローン
株券やゴルフ会員権、診療報酬債権など、保有する資産や債権を担保とする有担保ローン。
担保価値が高ければ、低金利での借入が可能になる。

商業手形割引
受取手形を第三者(銀行や金融業者)に裏書譲渡し、満期日までの利息や手数料を差し引いた金額で売却して、現金化する仕組み。
手形の銘柄によって金利が異なる。
通常の融資と異なり、「返済」の必要はない。




消費者金融でお金を借入する際の心構え


お金を借入する際の心構えとして、大切なことは次の3つです。

第一に、借り過ぎないこと

例えば、10万円借りようと思っていた人が申込みをして、「あなたなら50万円借りられますよ」と言われたのが嬉しくて、つい必要ないのに50万円借入をしてしまうことがあります。
もしくは、断っても、「限度額いっぱい借入をした方が、信用情報としては、有利になりますよ」などと言葉巧みに借りさせられることも。
借入金額が高くなればそれだけ返済が困難になりますし、必要のない金額を借入して延滞等を起こせば、せっかくの信用情報も台無しです。
借入限度額がどれだけであろうと、自分に必要な金額だけ借入するのが賢いやり方といえます。


第二に、返済のための借入はしないこと

キャッシング等の返済をするために、他社からキャッシングをして返済に充当することを「自転車操業」といいますが、その時は返済できたとしても、翌月からは返済先が増えたために、もっと返済に苦労することになります。
その頃には、低金利で良心的な会社からは借入を断られるケースが多いので、次第に高金利な業者から借入することになり、あっという間に多重債務者になってしまうのです。
借金は、自分の収入から返済して初めて減るものです。
借りたお金で返済しても、借金は減るどころかむしろ増える一方であるということをしっかり認識し、返済のための借入は決して行わないことが肝心です。


第三に、返済の計画を立てること

借金を返済するためには、まず返済計画を立てることが大切です。
月々の返済日や返済回数、返済金額、返済終了日などをきちんと把握し、忘れないように手帳などに記入しておきましょう。
また、この機会に家計簿をつけて、収支の流れを把握できるようにすれば、家計のムリやムダが見つかって上手な家計管理への一歩となります。
ただし、キャッシング後だと、返済日に返済金額分が残っていないということにもなりかねませんので、お給料など収入があったら、すぐに返済金額分だけを別の封筒や口座等に分けておき、残った金額でヤリクリするように習慣づけましょう。

カードローンを組む意味、良さって?


カードローンを組む意味は人によって違うとは思いますが、あって便利な事は間違いありません
当然金利や手数料が発生する部分があるので、まったくデメリットがないという事ではありませんが、急な物入りの時には非常に便利なサービスとして活用できます。

カードローンを提供している会社は非常に多いので、自分の意図に合ったカード発行会社を選ぶ事が意味を探る上では必要不可欠です。
自分の利用したい物、その金額、自分の収入、返済期間、それらに合ったプランの提供、単純に金利が安い等など、これらは人によってどこに魅力を感じるのかが違います。
意味も大切ではありますが、こういった要素も絶対に忘れないようにしてください。

カードローンを組む必要が絶対にある人というのは、正直存在しません。
貯金が好き、借金はしたくないという人には、まったく利用する必要がないのがカードローンになります。
しかし、現状お金に困っている、安心できるところから借りたい、対応が親切で丁寧なところから借りたい、こういった方には是非カードローンを利用して欲しいです。
ただし自己管理が出来ない、返済目処がない、カードローンの仕組みがよくわかっていない、こういった方には絶対にお勧めできません。

まずは意味を探る前に、カードローンがどういうサービスでどういうメリットがあるのか、そこから探っていきましょう。
便利なサービスである事は間違いありませんのでお勧めはしますが、意味を見出せるのかはそれぞれの生活環境や性格次第です。


カードローンの選び方


カードローンは、カードを使ってATMやCDからお金を借り、多くの場合はそれを分割払いで返済していくものです。
使途は自由で、カード発行時に決められた貸付限度内で借入れすることができます。
銀行、信用金庫、信販会社、消費者金融で取扱っています。

資金使途を問われないため、気軽に利用しやすい、他の目的別ローンに比べると審査基準も緩やかでカードの発行が早いという特徴があります。
ただし、その分金利は高めであるということを忘れてはいけません。
他に利用できるローンはないのか、返済は無理なくきちんとできるのか、よく検討した上で利用するようにしましょう。

金利(手数料)
借入額が少ないと高く、借入期間が短いほど高くなります。
ただし、多く借りたり、返済期間が長くなると、トータルの利息額はやはり多くなるので注意しましょう。

限度額
カードローンは限度額が大きなもので500万円にもなります。
クレジットカードもカードの利用限度額に準じている場合が多く(別途審査で別枠設定される場合もある)なっています。
借入額が大きくなる場合には、目的別ローンで対応できないかをまず検討すべきでしょう。

返済の利便性にも注意
借入の際の利便性のみならず、返済の利便性もチェックしておきましょう。
銀行、信用金庫、信販会社、消費者金融のカードローンは原則指定口座(銀行、信用金庫)からの自動引き落としになります。
給与口座から引き落とせるようなローンを選べば、返済の煩雑さはかなり回避されます。
一方、消費者金融はATMでの入金が一般的です。
その場、合毎月返済の入金をしに行かなくてはならないので、近くに利用できるATMがあるか、なども確認しておきましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。