普通に消費者金融に返済していれば、ローン・保険へは影響はありませんが・・・


「消費者金融を利用すると何かしらの影響が出るんじゃないの?」と不安に感じる方もいるのではないでしょうか?

特に強く不安を感じるのが「ローン」や「保険」に対してです。同じ金融系の商品に対して、消費者金融を利用するだけで悪影響があるのではないか?と疑問に感じている人もいるはずです。

では、実際はどうなのか?というと・・・

実はちゃんと返済をしていれば、特に悪影響はありません。消費者金融を利用していても保険や、ローンを組むことはできます。

しかし、注意して欲しいのが「ちゃんと返済をしていれば」という点です。

実は消費者金融会社が利用している「個人信用情報」という情報を、ローン会社も保険会社も、サービスを提供する前に確認しているのです。この個人信用情報に傷がついているだけで、ローンを組むことや、保険に加入することを渋ったり、断られるケースがあるのです。

個人信用情報に傷が付く時はいつか?
消費者金融から借入をおこなった場合、3ヶ月以上延滞すると事故情報として扱われます。わずか3ヶ月と思うかもしれませんが、短い期間でも返済が遅れるようなことがあれば個人信用情報に傷が付いてしまうのです。

もっと細かく言えば、返済が1日遅れただけでも、返済遅延として取り扱われ、個人信用情報に履歴が残ってしまうのです。この遅延の履歴は5年間は登録され続け、入金をしても履歴を消すことはできません。

わずか1日だとは思いますが、それでも金融商品を扱っている会社からすれば「この人はルーズな人だ」と判断できる重要な判断材料なのです。

ちなみに、最悪のケースとして、自己破産をしたときには、個人信用情報に7年間も履歴が残ります。その間はローンを組むことも、保険に加入することもほとんどできませんので覚えておいてください

消費者金融のカードは解約しましょう!
これは保険業界の人に聞いた話ですが、実は消費者金融のカードを持っているだけでも評価は下がってしまうそうです。

なぜなら、保険会社などは消費者金融のカードを持っているだけで、「また消費者金融から借入をする可能性が高い」と考える傾向があるからです。実際に、一度消費者金融を使ったことのある人は、その後、何度も消費者金融を利用する傾向があります。

つまり、少しでも保険会社やローン会社から評価を下げられないためにも、使わない消費者金融のカードは解約するべきです。カードを持っていなければあなたも消費者金融を簡単に利用する気にはならないはずですしね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。