ヤミ金の手口とは


ヤミ金は色々な手を使ってあなたに忍び寄ってきます。
特に最近は有名な会社の名前に似せた名前だったり、そのものズバリ同じ名前を使ったりするなどして一見安心感を与えるような社名を使ったりしてくることもあるので、決して社名だけで安心だと判断してはいけません!

紹介屋
スポーツ紙の広告やビラ、チラシなど、「どこも貸してくれない人は相談してください」「債務の多い方、大歓迎」「独自審査」などと宣伝し、あたかも低金利で自社が融資するように思わせて多重債務者を呼び込み、来店したり電話をかけてきた客に、「あなたの与信状態はよくない。うちで貸せないので他の店を紹介してあげる。」などと言って、いかにもその紹介によって融資を受けられるように装い、紹介料を騙し取る商法で、悪質な金融業者と共謀しているケースもあります。

整理屋
新聞、雑誌等で「あなたの債務を整理・解決します」、「多重債務者もOK、すぐ電話、OOOO番」などと広告し、電話をしてきた者から「整理手付金」等の名目で現金等を預かり、整理を引き延ばしたうえ、整理をしないで次々と騙し取る商法です。弁護士の名義を借りて法律事務を行う(あるいは名前をかたって法律事務を行うフリをする)事もあります。

買い取り屋
融資を申し込むと、融資の条件として、クレジットカードで商品を次々と買い回らせ、これを定価以下の安い価格で買い取り、さらに、高金利で融資する商法で、結局、申込者にはその業者への借金の他に、クレジット会社への債務が残ってしまいます。

押し貸し
契約もしていないのに勝手に銀行口座に現金を振り込み、法外な金利を要求する業者のこと。

ヤミ金(悪質業者)を見分けるためのポイントを紹介します。


消費者金融を利用するときに、本当に注意しなければならないのが「闇金融」と呼ばれる悪質業者を利用しないことです。そのためには、利用しようと考えている消費者金融が悪質業者かどうか見分けをつけなければなりません。

しかし、残念なことに悪質業者を完全に見分ける方法はありません。
「○○金融は怪しい」といわれていても、そうした業者は次々と名前を変更するため、特定することは難しいのです。

では、悪質業者に引っかからないのは無理なのか?というと、そうではありません。悪質業者によく見られる傾向を紹介しますので、参考にしてください

悪質業者を見分けるための4つのポイント

電話番号が携帯電話の業者
一般的に正規の消費者金融は申込み・問い合わせの電話番動が携帯電話ということはありません。ですから「090」や「080」で始まる電話番号に連絡するように書かれている場合は悪質業者である可能性が高いと思ってください。

金利が超低金利
広告を見ている中で、金利が1%や2%と超低金利で設定している会社がありますが、そうした会社は危険だといわれています。金利は安くても手数料という言葉を使ってお金を請求してきたり、年間や月単位での金利ではない可能性があります。大手消費者金融でさえ8%〜18.0%くらいなのに、そんな低金利の会社があるわけがありません。

見覚えのない会社からのメールDM
E-mailなどに見覚えのない会社から「○○万円の融資枠が用意できました」というメールが送られてくるケースがあるそうです。見覚えのない会社からの怪しい誘導メールについては無視するようにしましょう。

登録業者を信じない
「登録番号○○○」というように記載をして広告を出している会社もありますが、登録番号があれば信じられるということは決してありません。もし「登録番号があるから安心してください」ということを言ってくる場合は、その登録番号が正しいものかを確認しましょう。

少しでも怪しいと感じる業者からは借入をしないことが大切です。悪質業者と関係を持ってしまうと、どんな影響が出てくるかわかりません。徹底して知名度が低い業者を利用しないようにするもの良い手段でしょう。

それでも、もし悪質業者に騙された場合は、すぐにでも警察、国民生活センター、消費者センターなどへ連絡をし、相談をしてくださいね。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。