計画性のないキャッシングは失敗する


「キャッシングはしない方がよい。」
こんな奇麗事だけで世の中渡っていけるなら、誰も苦労はないでしょう。
分かってはいても、それでも手を出さざるを得ないことだってあります。

そもそも、きちんと返せる算段を立てた後ならば、借りることはそんなに悪な行動ではありません。
決して駄目人間などではないのです。
駄目なのは、返す算段が立たないまま、無計画なキャッシングをしてしまうことです。

計画性を持たずにしてしまうキャッシングは、なんらかの失敗を伴うことが多いです。
無計画にお金を借りてしまった場合、その代償として何かを失ってしまうことが非常に多いです。

クレジットカードのショッピング枠、現金化はダメ!


「クレジットカードのショッピング枠を現金化」という広告を目にしたことはありませんか?
総量規制により資金事情がさらに苦しくなった方にとっては、とっても気になる情報ですよね。

クレジットカードのショッピング枠の現金化とは、クレジットカード利用者が現金化業者から指定された商品を購入し、現金化業者がその商品代金の何パーセントかを支払うことにより現金を手にできます。
もちろん、その商品は購入者の手元には残りません。

たくさんの現金化業者が営業しているのをみると、とてもありがたいサービスに見えますが、ちょっと待ってください。
商品を購入したり、不要なその商品を売却して処分すること自体は法律には違反していません。
でも、損か得かといったならば、明らかに損。以前よりも借金を増やしてしまってどうにもならなくなってしまうケースが多発しています。

特に総量規制が実施されてから、あまい一言を信じて利用してしまう方が少なくありません。
自分のクレジットカードで商品を買い、それよりも安く売り払うのですから、その差分は完全な損。そして、商品の購入代金はいずれ支払いをしなければなりません。
現金化業者から商品の何割かを現金でもらっていたとしてもそのお金だけでは足りません。
ましてや資金繰りに使ってしまったとしたらさらに足りないことになります。

また、この現金化には、ほかにも落とし穴があります
現金化業者の行為は合法です。
しかし、クレジットカード利用者がクレジットカードの規約に触れる可能性があります。
多くのクレジットカード会社では、換金目的のクレジットカードショッピング枠の利用を禁止しています。

クレジットカード会社がその行為を知ったら、どうなるでしょうか。
たかが規約と思う方もいるかもしれませんが、カードを取り上げられるだけでなく、それまでに利用した金額を一括請求されてしまいます。
さらに、その情報はクレジットカード会社に残ります。
次回、クレジットカードを作る時に問題にならないとは言い切れません。

仮にあなたが「現金化業者に言われた通りにやっただけ」と主張しても、これはあくまで利用者とクレジットカード会社との取引ですから、現金化業者は関係ありません。
悪いのはカード利用者となってしまうのです。

まさに甘い言葉に大きな落とし穴。
クレジットカードのショッピング枠を現金化することは、おすすめできません。
くれぐれも「違法ではありません」の言葉に引っかからないようにしてくださいね。

将来の自分を苦しくするクレジットの現金化


やさしさやあたたかみ、安心感をにじませるホームページで、クレジットカード現金化を勧誘するページが増えています。
相談電話は女性が対応するとうたって、利用者の不安軽減を演出しているサイトもあります。
しかし、


クレジットカードの現金化を使っても、将来返せるあてのない借金を増やすだけです。
どんなに困っていても利用は思いとどまってください。

本来ショッピングにしか使えない枠の現金化を、クレジット会社は禁じています。
禁止している理由のひとつは、現金化を使った人が支払不能になる可能性がきわめて高いとクレジット会社が考えているからです。
現金化を利用しただけでクレジットカードの解約や、ショッピング枠とキャッシング枠の両方を一括返済するよう求められることもあります。

キャッシングの金利に比べてショッピング枠の金利は低いから有利、と宣伝をしている業者もありますが、これは「話のすり替え」ですね。
分割払いやリボ払いをした場合の利息はクレジット会社に支払うもので、現金化業者は換金した時点で法外な利益を手にしているのです。

結局、何もいいことがないのがクレジットカードの現金化なのです。

困った時、目先のピンチを何とか切り抜けたいと思ってしまいますよね。
でも、まずは深呼吸して落ち着いて、おまとめローンの利用など、前向きな解決方法を考えてください。


絶対にしてはいけない4つの行動


消費者金融を利用する上で「これだけは絶対してはいけない!」ということがあります。

消費者金融を利用しようと考えている人は、事前に何をしてはいけないのかをしっかりと覚え、トラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

連絡なしで返済を遅らせる
消費者金融から借入をしたときに絶対してはいけないのが「返済を遅らせる」ということです。特に連絡をせずに返済を遅らせてしまうと、あなたの個人信用情報に傷がついてしまいます。
返済遅延が発生すると、5年間は個人信用情報に履歴が残ってしまうため、保険・ローン・消費者金融の利用が難しくなります。借りたお金はルール通りきちんと返す。これが消費者金融を利用するときに破ってはいけない最低限のマナーです。

ヤミ金を利用する
誰しもヤミ金融を利用したいと考える人はいないでしょう。正直に言いますと、ヤミ金融を利用すると、どんな影響が出てくるか計り知れません。テレビや映画の中で出てくるような状況が本当にあなたに訪れる可能性もあります。
消費者金融を利用するときには、借入先を慎重に選びましょう。また、ヤミ金融の可能性が感じられる会社は極力利用しないようにしましょう。

用途不明な書類にサインする
こちらもヤミ金融などの悪質業者に関連して言えることですが、何に使われるかわからない書類にサインをするのはやめましょう。書類を提示されたときには、細部までその書類に記載されていることを読み、理解したうえでサインをするようにしましょう。

安易に連帯保証人になる
知人から連帯保証人の依頼をされると断りづらいのはわかります。しかし、安易に連帯保証人になってしまうと、あなたの生活にまで影響が及ぼされます。
連帯保証人になると、借入をした人が支払えないお金をあなたが支払わなければならなくなってしまうのです。そうならないためにも、いくら友人といえども断るべきところではきちんと断るようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。