消費者金融の借金返済を延滞すると・・・


たとえ「ついうっかり」でも、返済期日に入金できないと、法律上は「債務不履行」ということになってしまいます。
ものものしい語感そのままの、怖い事態に陥ってしまうのです。

キャッシングを利用すると、借入日、利用金額、入金日、入金予定日といった基本的な利用情報が信用情報機関に登録されます。
「返済の予定を過ぎているのに入金がない」ことが一目瞭然なのです。
この情報は、利用している会社だけでなく、他社に申し込んだ時にも確認されるので、延滞している間は他社から新規に借り入れることはできません。

新規に借りられないこと以上に問題なのは、延滞した事実が記録として残ってしまうことです。
延滞した人の信用度がマイナス評価されるのは当然。
「忘れてただけ」なんて言い訳がいっしょに記録されるものではありません。
返すお金はあったのにと悔しがっても、信用度についたキズはどうにもならないのです。

貸し手である消費者金融会社の判断で、利用枠が予告なしに減額される可能性もあります。
約束どおりに返済していれば、信用度がアップして、利用枠が増えるなどのメリットもあったかもしれないのに・・・です。

「ついうっかり」は、とてももったいないことなのです。

借金返済が苦しくなったら、相談しましょう!


キャッシングをするというのは、何かしらの事情が存在します。
しかし、キャッシングをするのは借金をすることになるので、精神的にも辛いものになっていくでしょう。
また、その事実を家族なり、恋人、友人に公表するというのは、かなり勇気がいることです。

でも、「返済」というのは、いつか苦しくなってくるはず。自分が借りたお金なんだから返すのが当然なのですが、
私自身思うことは、「無かったお金を借りたのだから、そうそう返済するのは難しい」ということです。

キャッシングには、元金+利息が存在します。
利息というのは、自分が借りた以外のお金を支払うということ。
元金を返す以上に、この利息を返済していくのも容易ではありません。

「あ〜もうダメだ〜」ってなったときは、一人で悩まず誰かに相談しましょう。
もちろん家族でもいいです。
しかし、相談しずらければ、「自分が利用している消費者金融に相談」をしましょう。

利息払いが消費者金融に与えるイメージ


利息払いとは、「元金+利息」のうちの「利息」だけした返済しないという方法です。

利息だけなので、「元金」は減りませんが、急場はしのげます。

この方法は公示はされていませんが、消費者金融では「正当な返済方法」として取り扱ってくれています。

返済日に利息分だけ入金すれば、何も問題はないし、明細書の次回返済欄はきちんと更新されているはずです。
逆に考えると、この利息払いを承諾してもらえない消費者金融は「アヤシイ」と言っていいでしょう。

この利息払いを、なぜ消費者金融は「正当な返済方法」にしているのかというと、元々の消費者金融の狙いは「元金は減らず、利息だけは遅れることなく返済してくれる」というところにあるのです。
お金を貸してナンボの消費者金融なんだから、「完済」されては困る(?)し、「利息」が営業収益なのでその利息を完済している以上は文句は言ってくることはありません。

ただ、利息払いをずっと続けていくのはやめておいた方がいいでしょう。もちろん借金が減っていかないというのもありますが、ある程度の元金も返さないでいると、業者からは「そのうち返済が行き詰まるんじゃない?」という考えを持たれてしまいます。

消費者金融の良い返済方法ってあるの?


良い返済方法は、あなたが返済のルールを作り、守るしかありません。
消費者金融を利用したときに考えなければならないのが「返済方法」です。

返済がうまくできなければ、どんどんお金を浪費することにつながったり、ブラックリストに載ってしまい二度と借入ができなくなってしまう可能性があります。

返済ができない人の中には、返済のために他の消費者金融からお金を借り、それを繰り返してしまう「自転車操業」をし始める人もいます。これではいくらお金を返しても、あなたの借入金を減らすことはできません。

では、良い返済方法はどんな方法か?というと、特別な返済方法はありません。どれだけ返済が厳しくても、借りたお金ですから返すことが義務なのです

ただ、完済できた人には共通して特徴があります。
それが「自分の中でルールを作る」ということです。

「完済するまでは一切他から借入をしない」「無駄な買い物はしない」「毎月最低限の返済金額は確保する」というようなルールを自分の中できちんと作ることが大切なのです。

消費者金融の利用で首が回らなくなってしまっている人は、自分自身を制御することができずに、次から次へとお金を使ってしまう人が多いそうです。普通にお金の返済を意識して生活をしている人は、決して返済に困ることはありません

あくまでも必要な額だけお金を借り、返せるときにきちんと返すというルールを自分の中に作った上で借入をするようにしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。