キャッシング診断はどんどん利用する!申し込みブラックにならないように


どの貸金業者で借入れをするかを決めるのは、なかなか難しいものがあります。
インターネットを活用して、自分の状況にあった貸金業者を探してみては、どうでしょうか?

たくさんの融資申込みをすればどこかで通るだろうと、数多くの貸金業者へ申込みをする人もいますがおすすめしません。
なぜなら、立て続けに何社も申込みをすると、短期間に複数社への申込みをしたとの情報が残ってしまい、お金に困っている、返せない可能性が高いと見なされてしまうからです。
本来なら通るはずの審査も、そのことだけで通らなくなってしまうのです。
いわゆる「申込みブラック」というやつです。
非常にもったいないですね。

このようなことから、申込みはそれなりに慎重を期して行うことをおすすめします。
そのときに役に立つのがウェブ上の仮診断です。
このサイトにも「キャッシング診断」があります。
これを利用すると簡単な入力で、申込み・契約が可能かどうか、どこがおすすめかなどを確認することができます。
あくまで仮の診断ですので、信用情報に載ることはありません。
これなら「申込みブラック」にならずに済みます。
一度利用してみてはいかがでしょうか?

総量規制後、多くの人が借りないように努力しているようですが、現代社会ではキャッシングが必要な場面は多々あります。
単に我慢するのではなく、上手に利用することを心掛ければキャッシングは強い味方になってくれます。
また、もっと積極的に賢く使えば、非常にお得であるのもキャッシングです。
無利息や手数料無料など、他の金融商品と比べてもそのお得度は群を抜いています。
節約・我慢だけではない、賢いキャッシングを目指してみるのも良いかもしれませんね。

債務情報ってどうやって見られているの?


消費者金融が全情連に照会した場合は、そこに登録されている利用者の債務情報は、現在利用中の債務はもちろんのこと、すでに完済した債務についても、データー保有期間内であれば、「全部」開示される仕組みとなっています。

ただ、見られないところがあります。それは、「利用中の会社名」です。
他社を利用していることまではわかっても、「どこか」は知られることはありません。
(私の個人的意見を言わせてもらえば、別に会社名なんて知らなくても、現在の借入状況さえ知っていれば、会社側はどうでもいいかと。。。)
情報更新の頻度は、原則として「取引発生時随時」としているところが少なくありません。

消費者金融が、利用者の債務情報の中で一番注目している点は、「現在進行形の債務」です。
その中でも、「借入金額」よりも「借入件数」を重視しています。
「1社で100万借入している」Aさんと、「A社に30万、B社に30万、C社に30万を借り入れ、合計90万の債務があります。」というBさんとでは、Bさんの方が要注意人物となります。


消費者金融「申込みブラック」にならないように・・・ブラック借り入れ可能?


消費者金融でお金を借りたいと思っても、二度と消費者金融を利用できなくなる事があります。
業界では、そういう絶対に融資することができない人たちのことを「ブラック」と呼びます。

「ブラック」と呼ばれる人は2種類に分けられます。

「一度に複数社に審査申請をした場合(多重申込み・申込みブラック)」「過去に何度も返済遅延や債務整理をした場合」です。

何度も返済遅延を繰り返した人や債務整理をした人など返済に重大なトラブル人に対しては消費者金融だけでなく、クレジットカードすら契約できなくなってしまいます。

もうひとつの「一度に複数社に審査申請をした場合(多重申込み・申込みブラック)」は事前に回避することができますので対策方法を紹介します。

多重申込み(申込みブラック)にならない方法

借入れの申込みを行うと、消費者金融は審査の段階で個人信用情報機関に、あなたの信用情報の確認を行います。この時点であまりに多くの会社から既に借入をしていると審査に通過できない可能性が高いといわれています。

これに加え、短期間の間で3社以上に借入れ申込みをした場合でも「多重申込み」としてブラックになってしまうのです。(通称:申込みブラック)

個人信用情報機関では過去の利用履歴だけでなく、「他の消費者金融機関がその人の個人信用情報を照会したか?」という情報も記録しています。

消費者金融としては「短期間で3社以上の消費者金融に申請している=多重債務者になる可能性が高い」と考える傾向があり、返済が滞るリスクを避けるためにブラック扱いにするのです。

そして、一度審査に落ちた会社には6ヶ月以内に、再審査の申し込みをするのは止めましょう。個人信用情報機関に過去の審査記録が残っているので審査をパスする可能性が低いだけでなく、何度も審査を受けてきたということで、審査基準が高くなってしまうといわれています。6ヶ月以内は再審査を受けても無駄なのです。

もし、一度にたくさんの消費者金融に借入れ審査をしようと考えているのであれば、すぐに中止してください。
その行為だけでブラックになり、本当は借り入れできる属性であっても必要なときに利用できなくなってしまう可能性が高くなります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。