多重債務による債務整理には4つの方法がある


お金を借りたときには返すことまで考える必要があります。
しかし、どうしてもお金を返すことができない場合には「債務整理」をするのも良い方法です。

債務整理とは、法律で認められた方法で借金をなくしたり、返済をしやすくすることです。

有名なものとしては「自己破産」がありますが、自己破産以外にも債務整理の方法はあります

ここでは債務処理の種類を紹介していきます。

もしかしたら、自己破産以外の方法で債務処理をした方があなたにとっても良い場合があるかもしれません。

任意整理
任意整理は、裁判所は利用せずに弁護士や司法書士が借入先と交渉をする方法です。交渉が成立すれば、利息制限法(金利18%)で再度計算し、その額を3〜5年間、無利息で返済する方法です。

特定調停
特定調停とは、裁判所を利用して借入先と交渉を行います。交渉が成立すれば、利息制限法(金利18%)で再度計算し、その額を3〜5年間、無利息で返済する方法です。

個人民事再生
個人民事再生とは、負債額を100万円、もしくは負債額の20%まで減額し原則3年返済をしていく方法です。

自己破産
自己破産(免責)とは「借金をゼロ」にする方法です。
一見、自己破産が最も良いように感じるかもしれませんが、そんなことは決してありません。
自己破産をしてしまうともっている現金はもちろん、マイホームや家具などのありとあらゆる財産は全て没収されてしまいます。


尚、どの債務整理でも、5年間は消費者金融からの借入や、クレジットカードの契約・利用、ローンなどを組むことができなくなってしまいます

債務整理は法律で認められた個人再生の方法ですが、はじめから「債務整理をすればよい」という考えは正しいとは言えないと思います。

あくまでも自分が借りたお金はきちんと返済するべきです。
ですから、消費者金融を利用するときはちゃんとお金が返済できるように計画を立てることが大切です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。