消費者金融の審査基準 信用情報機関について


審査が通らなかった・・・
その原因はこんなことかもしれません。

・支払いが3ヶ月以上延滞したことがある
・短期間(1ヶ月から3ヶ月位)の間に複数回の融資申し込みをしている
・借入総額が年収を上回っている
・過去に自己破産したことがある(7年以内はおおむね無理)
・社会人歴がある程度あるのに信用情報がまったく無い(逆に不振がられる)
・申し込み時の記載と照会内容に著しい相違がある
・借入件数が多い

このような情報は信用情報機関によって紹介されます。
信用情報機関にはその金融機関の系統によっていくつかに分かれています。

【全国銀行個人信用情報センター】(略称「KSC」)
全国銀行協会が運営する信用情報機関です。会員は、おもに銀行、信用保証協会、その他銀行と同一視される信用機関です。


【株式会社シー・アイ・シー】(略称「CIC」)
日本クレジット産業協会と全国信販協会が母体の信用情報機関です。会員は信販会社を含むクレジットカード発行企業と、自動車や機械等のローン・リース会社と、一部の大手消費者金融会社です。


【 株式会社シーシービー】(略称「CCB」)
外国資本の消費者金融専業会社などが設立した信用情報機関です。信販系、消費者金融、銀行系と業種をまたがって利用できることが特徴です。


【 全国信用情報センター連合会 】(略称「全情連」「FCBJ」)
商工ローンと消費者金融が主な会員です。情報更新が早いことが特徴です。

消費者金融の審査に通らない一番の理由


申込み書の記入が雑で空欄が多く、いい加減
実は、審査が通らない理由の中で最も多いのがこれです。
具体的には記入(入力)漏れ・電話番号間違い・誤字脱字です。

スコアリングによって審査を行うのに空欄では評価のしようがありませんし、誤字脱字だらけでは人間性を疑わざるを得ません。
電話番号間違いなどはもっての他で、在籍確認(本人確認)の連絡するとることすらできないわけです。
クレジットカードの審査においてはその申込み者本人が”実在する人物であるかどうか”というポイントが重要なのです。

簡単なことですが、きちんと丁寧にそして正確に書くだけで結果は大きく変わります。

消費者金融の審査、信用情報機関のしくみ


自社の与信システムがどれほど優れていても、それはあくまでも「自社」で通用するものです。他社での詳細な利用状況を把握することはまずできません。

しかし企業側は、申込書に書いた利用者の、他社での利用状況を丸々鵜呑みにすることは一切なく、自社が加盟する外部の信用情報機関と照会することになるでしょう。

各信用情報機関には、同機関に加盟する会員各社の顧客情報や債務情報が統合・管理されています。

●顧客情報
本人の氏名・住所・電話番号・勤務先などを表します。


●債務情報
当人がいつどこでいくら利用して、返済日はいつ…などを表します。


この信用情報機関は、絶対的な影響力を持っており、新規契約時以外の途上与信に大きく関わりをもってきており、登録情報をもとに、「与信額」が決定されます。(ここに登録されている情報が悪いと、たぶん借入は不可)

現在、日本には5つの信用情報機関があり、各社それぞれどの機関に加盟するかは入会条件さえクリアできれば自由となります。
ただ、銀行やその同系列は、全情連やテラネットには加盟はできません。


●信用情報機関
1.全国信用情報センター連合会(全情連)
2.全国銀行個人信用情報センター(全銀協=KSC)
3.株式会社シー・アイ・シー(CIC)
4.株式会社シーシービー(CCB)
5.株式会社テラネット


お金借りたい!ブラックでも借りられる、審査の甘い消費者金融とは?


まずは、審査に通らない理由を考えてみましょう。

消費者金融とはいえ審査であまりにも属性が悪いと融資を断られます。
大手ローン会社の審査通過率は30%〜40%ということですので融資を断られる人の方が大半を占めているというのが実情です。

審査に通らなかった原因として、まず最初に考えられることは「職種」です。
職種によっては無条件でその就業者を認めない会社もあるそうです。

また、「勤続年数が短い」場合も審査に通らない原因として考えられます。半年くらいではほとんど通りません。せめて1年間の勤続年数は必要だと思います。

 無職の人はほぼ断られます。
主婦の方の場合は夫の収入があれば問題ありませんが、夫が失業中の場合は無理です。また明らかに申込み内容に嘘がある場合も借入できません。自宅電話が料金未払いで利用停止になっている場合も却下となります。

 俗にいうブラックの人、各業者の他社借入れ許容件数を超えている人、他社で延滞中、1ヶ月以内に3件以上も他社に融資申込み、などはかなりの確率で却下されます。
他には勤務先があっても無断欠席が続いてたりすると在籍確認時でバレてしまい却下される可能性があります。
また、同業者(勤務先が消費者金融)の場合も基本的には貸しません。

 ほとんどの業者で最も重要視する項目は他社借入件数です。

どの業者も許容可能な件数は設定していますので、どこなら自分は借入可能かどうかを調べることが重要でしょう。
属性の低いとされている方も借入件数が無ければ大手や女性ローン大手などなら十分に可決する場合があります。また収入証明などを提出することで信用が上がる傾向があります。

改正貸金業法の影響でますます審査通過率が厳しくなっておりますが、
実は、銀行のカードローンは対象外のため逆に融資に積極的になっているという側面もあります。

大手消費者金融で断られたからと諦めず銀行のカードローンも検討してみましょう。

なぜ、消費者金融やカードローンの審査に通らないのか? 通りやすい、甘いキャッシングは?


実は、各消費者金融の「会社の規模」によって、審査の通過しやすさに違いがでます。
大手企業ほど審査が通過しやすく、逆に小さな企業ほど審査が通過しにくいのです。

企業規模が小さくなればなるほど、お金を回収できなかったときのリスクが高いと受け止めるからです。


ですから、小さい業者ほど借入の審査を厳しくして、ちゃんと返済できる見込みのある人にだけ借入を認める傾向があります。


審査が通らない6つの理由

消費者金融に申し込んでみたものの全く審査に通過しない人もいるはずです。
その場合、どうして審査が通過しないのかを一度考えてみましょう。

借入社数が多い
これが最も多い理由です。公表はされていませんが会社内の審査基準に「他社借入は●●社まで」と決めている企業がほとんどです。審査が通過しなかった場合は、既にあなたの他社借入件数がオーバーしている可能性があります。この場合は、他の会社に申込みをして審査結果を待つしかありません。

申込みブラック
一般的に短期間で3社以上の消費者金融の審査を受けた場合に「申し込みブラック」という状態になると言われています。申し込みブラックになるとどんなに属性が良くても審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。これは一度に複数社に申込みをしている人は多重責務になる可能性があると判断されるからです。
3社に申込みをした場合には、次の審査を受けるまでに1ヶ月程度は期間をあけるようにしましょう。

ブラック
過去に返金の遅延があった場合や、トラブルがあった方などは既にどの消費者金融からもお金が借りられないように情報が流れている可能性が高いです。

勤続年数が短い
勤続年数が3ヶ月未満だとNGである会社がほとんどです。

居住確認ができない
自宅の電話番号がない場合や、運転免許がない場合など、住んでいる場所が特定できない場合にも審査が通過しない可能性が高くなります。

料金未納がある
特に自宅や携帯電話の料金が未納の場合、連絡が取れなくなる可能性もあるため審査を通過できなくなります。
まずは、あなたがこれらの条件に当てはまっていないか?ということを確認するところから審査が通過しない理由を考えてみましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。