消費者金融はココを審査している


消費者金融の審査を受ける前に、
消費者金融会社は借入れしたい人のどこを審査しているのか?を知っておくと良いでしょう。

消費者金融会社は大きく分けると以下の順番で3つの項目を審査しています。


1.信用情報機関に照会
2.属性スコアリング
3.在籍確認と在宅確認


信用情報機関に照会

まず一番初めに行うのが、あなたの消費者金融の利用状況です。
他の消費者金融会社から借入をしていないか?過去に借入をしたことがあるか?ということをチェックします。

同時に、住所や電話番号、勤務先などの情報とも照合され、あなたが申し込みフォームに記入した情報に嘘偽りがないかもこの時点で確認されます。

利用状況を確認する理由は「返済能力があるか?」ということを確認するためです。他の消費者金融を利用していたり、過去に延滞してしまった人は、返済能力がが低いと評価されることもあり、この時点で審査に落ちることもあります。

ちなみに、審査基準として、借入している金額のボリュームよりも、他の消費者金融からの借入れ件数(他社借入れ件数)を重視する傾向があります。

つまり、「1社から合計100万円」借りている人よりも、「5社から合計10万円」を借りている人の方が評価が低いという判断をされるのです。

ですから、今後のことも考えて複数の会社から借り入れするよりも、1社に絞って借り入れした方が、次回以降の審査が通過しやすくなる可能性が高まります。


属性スコアリング

次に審査されるのが「属性スコアリング」です。
これは、あなたが記入した内容をもとに「借入したお金をちゃんと返すことができか?」ということを評価します。この属性スコアリングによって、「借入を認めるか」「限度額はいくらにするか」ということが決まります。

ちなみに、属性スコアは「生年月日」「年収」だけでなく、以下のようなポイントで総合的に評価が決まります。

保険種別
企業によって保険の種類が違うため、企業規模がわかる
他社借入
複数社借入をしている人ほど評価が低くなる
電話区分
携帯電話よりも自宅の電話のほうが評価が高い
勤務先
大手企業が評価が高く、自営業やパート・アルバイトなどは評価が低くなる
勤続年数
勤めている年数が長い分、評価が高くなる
居住形態
持ち家が評価が高くなり、アパート・マンションは評価が低くなる
居住年数
家賃をしっかり払っているかがポイントとなり、居住年数が長いだけ評価が高い

これらを含めた、多くのチェックポイントから属性スコアを算出します。


これまでに消費者金融を初めとする金融機関を利用した人の膨大なデータから、今後の利用状況や、行動特性がある程度予測できると言われています。

ここで消費者金融会社は、あなたが夜逃げをする可能性があるか?自己破産はしてしまわないか?などの返済能力について事前に把握しようとしているわけです。


在籍確認と在宅確認

最後に行う審査が在籍確認と在宅確認です。
申し込みした内容に誤りがないか?虚偽申請をしていないかを確認するため、消費者金融が電話で確認を行います。

今の消費者金融業界では「審査スピード」や「融資スピード」が非常に重要視されているので、わざわざ家や勤務先まで確認をしにくることはありません。

在籍確認は個人名で電話をしてくれるので、家族や勤務先の人には消費者金融から在籍確認の連絡があったということはわからないようになっているのです。

これらの審査基準を通過することで借入をすることができます。

中にはこれらの審査を行わずに、スグに融資をしてくれる金融会社もあるそうですが、それらの業者は悪質業者の可能性が非常に高いため、借入を行う場合には十分注意が必要です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。