計画性のないキャッシングは失敗する


「キャッシングはしない方がよい。」
こんな奇麗事だけで世の中渡っていけるなら、誰も苦労はないでしょう。
分かってはいても、それでも手を出さざるを得ないことだってあります。

そもそも、きちんと返せる算段を立てた後ならば、借りることはそんなに悪な行動ではありません。
決して駄目人間などではないのです。
駄目なのは、返す算段が立たないまま、無計画なキャッシングをしてしまうことです。

計画性を持たずにしてしまうキャッシングは、なんらかの失敗を伴うことが多いです。
無計画にお金を借りてしまった場合、その代償として何かを失ってしまうことが非常に多いです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。