家族や友人からお金を借りる


ちょっと足りないとき、こんな時は、家族や友達が貸してくれることもあると思います。
貸してくれる人がいるなら、その人にお願いしてみても良いかもしれません。

1万円くらいなら貸してくれる人もいるでしょう。

5万円、10万円となればどうでしょう?
誰にでも頼める金額ではないと思います。

もし貸してくれる人がいるのであれば、あなたはラッキーです。
あなたのことを本当に信頼してくれている人がいるということなのです。
一生付き合える友人かもしれません。

ただお金とは怖いもので、金額が大きかったり頻繁に繰り返してしまうと、人間関係まで壊してしまうのです。
そして、一度失った人間関係は返ってきません。

依頼をして貸してくれなかったとしても、それだけで人間関係に何らかの影響を及ぼす場合もあります。
「お金を受け取っていないのに」です。
依頼をして断られている時点で、それだけ信頼性が落ちているということなのです。

お金とは怖いもので、人それぞれ色んな価値観がありますが、お金に関しては皆敏感になりがちなのです。

政治家だってそうですよね。
きっと初めは「この国を良くしたい!日本を変えて見せる!」とかそういう強い気持ちは持っていると思うのですが「お金」が人格を変えてしまうのです。

もちろん一部の政治家だけですが。。。
一応、訂正しておきます。

お金は後で一生懸命仕事して節約して貯めることは出来ても、人間関係は一度壊れてしまったら修復がかなり困難になります。
修復不可能と言ったほうが良いかもしれません。

お金よりも大切な家族や友人を失ってはあなたも後悔するでしょう。
借金があるうちは一時的に後悔する余裕すらなかったとしても、いずれ後悔することになるでしょう。

そういうことにならないように、大切な家族や友人からお金を借りる場合は相手のこともしっかりと考えましょう。

「お金が出来たら返す」というのは貸し手側にとっては不安に感じるものです。
借りる前に後々トラブルにならないように、いつまでに返すというのをはっきりと決めておきましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。