ショッピングのリボ払いは便利だが・・・キャッシングの返済方法


キャッシングの返済方法でも、リボルビングが主流になっています。
利用限度額内なら自由に出し入れできるので、とても便利です。

リボでショッピングをする。月々の返済金額は1万円に設定。次の月には5万円のお買い物。毎月の出費は1万円のまま。
いくら買い物をしても返済で財布が痛むことがない。
感覚がマヒして、どんなものでも月々1万円の支払いで買えちゃう!ような気分になってしまう。
限度額いっぱいになって、びっくりする。それでも止められない。
もうリボルビング中毒になっているから。
別のカードを使ってリボを繰り返す──。

一時にくらべるとカード破産のニュースは少なくなってきました。
自己破産申立件数も、平成15年をピークに減少し続けています。
減ったとは言えその数は12万人以上(21年度)。
1日に300人以上が自己破産に走っていることになります。

月々の返済を抑えられるのは、リボ払いの大きなメリットです。
自分のライフスタイルを返済のために大きく変える必要がありませんからね。

その反面、「元金を減らそうという意識が薄れてしまう」「返済期間が長引きやすい」といった危険があることは理解していたはず。
なのに、便利だからとついついリボ払いを重ねて泥沼に…。
そんなパターンの人が多いのではないでしょうか。

【返済方式を知ろうの最新記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。