クレジットカードのショッピング枠、現金化はダメ!


「クレジットカードのショッピング枠を現金化」という広告を目にしたことはありませんか?
総量規制により資金事情がさらに苦しくなった方にとっては、とっても気になる情報ですよね。

クレジットカードのショッピング枠の現金化とは、クレジットカード利用者が現金化業者から指定された商品を購入し、現金化業者がその商品代金の何パーセントかを支払うことにより現金を手にできます。
もちろん、その商品は購入者の手元には残りません。

たくさんの現金化業者が営業しているのをみると、とてもありがたいサービスに見えますが、ちょっと待ってください。
商品を購入したり、不要なその商品を売却して処分すること自体は法律には違反していません。
でも、損か得かといったならば、明らかに損。以前よりも借金を増やしてしまってどうにもならなくなってしまうケースが多発しています。

特に総量規制が実施されてから、あまい一言を信じて利用してしまう方が少なくありません。
自分のクレジットカードで商品を買い、それよりも安く売り払うのですから、その差分は完全な損。そして、商品の購入代金はいずれ支払いをしなければなりません。
現金化業者から商品の何割かを現金でもらっていたとしてもそのお金だけでは足りません。
ましてや資金繰りに使ってしまったとしたらさらに足りないことになります。

また、この現金化には、ほかにも落とし穴があります
現金化業者の行為は合法です。
しかし、クレジットカード利用者がクレジットカードの規約に触れる可能性があります。
多くのクレジットカード会社では、換金目的のクレジットカードショッピング枠の利用を禁止しています。

クレジットカード会社がその行為を知ったら、どうなるでしょうか。
たかが規約と思う方もいるかもしれませんが、カードを取り上げられるだけでなく、それまでに利用した金額を一括請求されてしまいます。
さらに、その情報はクレジットカード会社に残ります。
次回、クレジットカードを作る時に問題にならないとは言い切れません。

仮にあなたが「現金化業者に言われた通りにやっただけ」と主張しても、これはあくまで利用者とクレジットカード会社との取引ですから、現金化業者は関係ありません。
悪いのはカード利用者となってしまうのです。

まさに甘い言葉に大きな落とし穴。
クレジットカードのショッピング枠を現金化することは、おすすめできません。
くれぐれも「違法ではありません」の言葉に引っかからないようにしてくださいね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。