将来の自分を苦しくするクレジットの現金化


やさしさやあたたかみ、安心感をにじませるホームページで、クレジットカード現金化を勧誘するページが増えています。
相談電話は女性が対応するとうたって、利用者の不安軽減を演出しているサイトもあります。
しかし、


クレジットカードの現金化を使っても、将来返せるあてのない借金を増やすだけです。
どんなに困っていても利用は思いとどまってください。

本来ショッピングにしか使えない枠の現金化を、クレジット会社は禁じています。
禁止している理由のひとつは、現金化を使った人が支払不能になる可能性がきわめて高いとクレジット会社が考えているからです。
現金化を利用しただけでクレジットカードの解約や、ショッピング枠とキャッシング枠の両方を一括返済するよう求められることもあります。

キャッシングの金利に比べてショッピング枠の金利は低いから有利、と宣伝をしている業者もありますが、これは「話のすり替え」ですね。
分割払いやリボ払いをした場合の利息はクレジット会社に支払うもので、現金化業者は換金した時点で法外な利益を手にしているのです。

結局、何もいいことがないのがクレジットカードの現金化なのです。

困った時、目先のピンチを何とか切り抜けたいと思ってしまいますよね。
でも、まずは深呼吸して落ち着いて、おまとめローンの利用など、前向きな解決方法を考えてください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。