消費者金融の借金返済を延滞すると・・・


たとえ「ついうっかり」でも、返済期日に入金できないと、法律上は「債務不履行」ということになってしまいます。
ものものしい語感そのままの、怖い事態に陥ってしまうのです。

キャッシングを利用すると、借入日、利用金額、入金日、入金予定日といった基本的な利用情報が信用情報機関に登録されます。
「返済の予定を過ぎているのに入金がない」ことが一目瞭然なのです。
この情報は、利用している会社だけでなく、他社に申し込んだ時にも確認されるので、延滞している間は他社から新規に借り入れることはできません。

新規に借りられないこと以上に問題なのは、延滞した事実が記録として残ってしまうことです。
延滞した人の信用度がマイナス評価されるのは当然。
「忘れてただけ」なんて言い訳がいっしょに記録されるものではありません。
返すお金はあったのにと悔しがっても、信用度についたキズはどうにもならないのです。

貸し手である消費者金融会社の判断で、利用枠が予告なしに減額される可能性もあります。
約束どおりに返済していれば、信用度がアップして、利用枠が増えるなどのメリットもあったかもしれないのに・・・です。

「ついうっかり」は、とてももったいないことなのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。