ヤミ金の手口とは


ヤミ金は色々な手を使ってあなたに忍び寄ってきます。
特に最近は有名な会社の名前に似せた名前だったり、そのものズバリ同じ名前を使ったりするなどして一見安心感を与えるような社名を使ったりしてくることもあるので、決して社名だけで安心だと判断してはいけません!

紹介屋
スポーツ紙の広告やビラ、チラシなど、「どこも貸してくれない人は相談してください」「債務の多い方、大歓迎」「独自審査」などと宣伝し、あたかも低金利で自社が融資するように思わせて多重債務者を呼び込み、来店したり電話をかけてきた客に、「あなたの与信状態はよくない。うちで貸せないので他の店を紹介してあげる。」などと言って、いかにもその紹介によって融資を受けられるように装い、紹介料を騙し取る商法で、悪質な金融業者と共謀しているケースもあります。

整理屋
新聞、雑誌等で「あなたの債務を整理・解決します」、「多重債務者もOK、すぐ電話、OOOO番」などと広告し、電話をしてきた者から「整理手付金」等の名目で現金等を預かり、整理を引き延ばしたうえ、整理をしないで次々と騙し取る商法です。弁護士の名義を借りて法律事務を行う(あるいは名前をかたって法律事務を行うフリをする)事もあります。

買い取り屋
融資を申し込むと、融資の条件として、クレジットカードで商品を次々と買い回らせ、これを定価以下の安い価格で買い取り、さらに、高金利で融資する商法で、結局、申込者にはその業者への借金の他に、クレジット会社への債務が残ってしまいます。

押し貸し
契約もしていないのに勝手に銀行口座に現金を振り込み、法外な金利を要求する業者のこと。

【闇金融の見分け方の最新記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。