消費者金融の総量規制後の審査基準に


総量規制の完全施行後は年収の3分の1を超える借入れは出来ません。
そのため、借入れが出来なかった人は、単純に年収の3分の1以上を借入れしてしまっていると考えてしまいがちですが、本当に全員がそうなのでしょうか?

今自分にいくらの借入れがあるかを把握せずに、どこでもいいからと闇雲に貸金業者へ申込みをしたために、本来なら通るはずのものでも申込みの順番が違ったばかりに通らなくなってしまったなどということも十分に考えられるのです。

貸金業者は大きく分けて、銀行系、信販系、消費者金融系があります。
顧客データは統一化されましたが、各社の特徴や得手不得手は様々です。
ある業者では○○のケースは得意でも△△のケースは不得手といったように、各業者によって色があります。
自分の状況と貸金業者の得意とするケースを考え合わせてから申込みをすれば、希望通りの借入れができる可能性がでてくるのです。
また、申込み前に本当にそのお金が必要なのかどうか、身の丈にあったお金かどうかを再確認することも必要です。

【改正貸金業法の最新記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。