ビジネスローンのメリット・デメリットが知りたい


ビジネスローンなら、素早い資金調達が可能です。
中小事業者や自営業者などが事業資金を借りる場合、大きく分けて公的融資と民間融資の2つの方法があります。

公的融資は、日本政策金融公庫、信用保証協会、商工会議所、自治体(都道府県や市区町村)などの公的機関による融資です。
直接融資を行うほか、金融機関からの融資に利子補給を行ったり、債務保証をしたりと、間接的に中小事業者の資金調達を後押しする形式を取っている場合もあります。
公的融資は、融資枠が比較的大きく、金利も低めなのでまず検討したいところですが、審査に比較的時間がかかり、利用対象の業種や利用条件が限定される場合もあるので注意が必要です。

それに対して、民間融資は、いわゆるビジネスローンなど、銀行等民間金融機関の融資です。
ビジネスローンは、公的融資より融資枠は小さく、金利が高めな場合もありますが、比較的必要書類が少なくて審査期間が短く、利用条件も緩やかなので、急を要する資金需要にはビジネスローンが向いているでしょう。

事業資金の調達を考える際には、事業所の所在地や業種で利用可能な公的融資にはどんなものがあるのかを把握し、有利に使えるビジネスローンをピックアップした上で、金利や審査期間、利用条件等を十分比較検討することが大切です。


| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。