不動産担保ローンのメリット・デメリットが知りたい


低金利でまとまった金額が借りられる点がメリットですが、返済不能になれば不動産を手放さなくてはならない点がデメリットです。

「不動産担保ローン」のメリットとしては、不動産という担保が設定されているため、通常の無担保のフリーローンよりも、低い金利で、まとまった金額の借り入れができ、借入期間も長期で設定することができるという点があります。

また、このローンの目的は、特に問われることがないため、おまとめローンなどにも利用できます。

一方、デメリットとしては、債権者の返済が滞った場合、担保不動産を売却することで債権を回収するわけですから、万が一の時に、不動産を失う可能性があるという点があります。
借り入れの際には、きちんと返済できるかどうか計画を立てて利用することが大切です。

また、このローンを利用する場合、その不動産の担保としての価値を調査・鑑定し、融資実行時には、不動産登記する必要がありますので、そのための登記費用・印紙代が実費負担となり、融資にかかる事務手数料もかかるという点にも注意しましょう。

商品によっては、担保ごとに金利等が異なる場合もありますので、複数の業者から審査を依頼し、少しでも有利な条件のものを選ぶことが大切です。

なお、このローンは、審査や不動産の担保価値の調査や鑑定など、融資を受けるまでに時間がかかるケースもありますので、時間的余裕も必要といえます。

| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。