事業者向けのキャッシング ローンの種類


事業者向けのローンには、個人事業主や中小企業の経営者などをおもな対象として無担保で事業資金を融資するビジネスローンや、不動産や株式ななどの資産や事業上の債権などを担保とする有担保のローンがあります。

ビジネスローンは、一般に、銀行融資などよりも手続きが簡便で審査のスピードも早く、事業上の急な資金需要への対応に便利です。
有担保ローンの場合は、無担保の場合よりも必要書類が多く審査に時間がかかりますが、より低金利での借入が可能になります。

事業者向けローンに限ったことではありませんが、一般に手続きが簡単で担保や保証人の必要でないローンほど金利が高いものです。
借入目的や状況に応じてローンを使い分け、無理のない返済計画を立てた上で利用しましょう。


事業者向けのローンなど
ビジネスローン 自営業者や中小企業経営者等を対象とした無担保融資。
手続きが簡便で審査時間が短く、素早い借入が可能。

ビジネスカードローン
ビジネスローンのうち、カードが発行されて、決められた限度額の範囲内であれば、何度でも現金の引き出しができるローン。

ご経営者向け不動産担保ローン
保有する不動産を担保とする有担保ローン。
一般に無担保ローンよりも低金利で、保有不動産の価値が高ければ、高額の借入も可能になる。

その他担保ローン
株券やゴルフ会員権、診療報酬債権など、保有する資産や債権を担保とする有担保ローン。
担保価値が高ければ、低金利での借入が可能になる。

商業手形割引
受取手形を第三者(銀行や金融業者)に裏書譲渡し、満期日までの利息や手数料を差し引いた金額で売却して、現金化する仕組み。
手形の銘柄によって金利が異なる。
通常の融資と異なり、「返済」の必要はない。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。