カードローンの選び方


カードローンは、カードを使ってATMやCDからお金を借り、多くの場合はそれを分割払いで返済していくものです。
使途は自由で、カード発行時に決められた貸付限度内で借入れすることができます。
銀行、信用金庫、信販会社、消費者金融で取扱っています。

資金使途を問われないため、気軽に利用しやすい、他の目的別ローンに比べると審査基準も緩やかでカードの発行が早いという特徴があります。
ただし、その分金利は高めであるということを忘れてはいけません。
他に利用できるローンはないのか、返済は無理なくきちんとできるのか、よく検討した上で利用するようにしましょう。

金利(手数料)
借入額が少ないと高く、借入期間が短いほど高くなります。
ただし、多く借りたり、返済期間が長くなると、トータルの利息額はやはり多くなるので注意しましょう。

限度額
カードローンは限度額が大きなもので500万円にもなります。
クレジットカードもカードの利用限度額に準じている場合が多く(別途審査で別枠設定される場合もある)なっています。
借入額が大きくなる場合には、目的別ローンで対応できないかをまず検討すべきでしょう。

返済の利便性にも注意
借入の際の利便性のみならず、返済の利便性もチェックしておきましょう。
銀行、信用金庫、信販会社、消費者金融のカードローンは原則指定口座(銀行、信用金庫)からの自動引き落としになります。
給与口座から引き落とせるようなローンを選べば、返済の煩雑さはかなり回避されます。
一方、消費者金融はATMでの入金が一般的です。
その場、合毎月返済の入金をしに行かなくてはならないので、近くに利用できるATMがあるか、なども確認しておきましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。