そもそも過払い金請求とは?


過払い請求とは、契約利率の上限を定めている利息制限法と出資法と言う二つの法律から発生する矛盾をつき、現在の借入額(借金)を終わらせ、かつ貸金業者に支払わなくてもよかった済んだ金額の返還を要求する事です。

多くの消費者金融業者が提示している利率は、出資法により設定しています。

しかし、利息制限法が定める上限利率を超えて支払った利息金は無効です。

無効となった利息金は元金に充当されるので、引き直し計算をすると業者から請求されている債務額より少なくなり、利息金どころか元金も払い過ぎている場合が発生します。

この状態を【過払い】と言います。

金融業者を利用している人なら、借入額が消滅しお金が返ってくるという制度を是非利用したい、と思うでしょうが、誰もがその請求手続きをすることは残念ながら出来ないのです。

利用されている方それぞれの、取引内容によるので一概には言えませんが、ある程度の取引年数と、借入額が無いと過払い金は発生しないからです。

また、長く取引をしていたからと言って、必ず過払い金が発生するとも限りません。

自分の借入が過払い金を発生しているのか、いないのかを確認する為には、詳細な取引履歴の把握が不可欠です。

その確認作業から過払い金の請求手続きをする為には、自分で行う方法と法律家に依頼する方法があります。
それぞれの方法に一長一短ありますので、良く検討した上でその選択をして手続きを進めることをお勧めいたします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。