消費者金融の借金に時効がある!?


時効とは、その言葉とおり「借金がチャラ」になることです。
時効は何も刑事事件だけではなく、消費者金融の金銭貸借にもはきちんと定められています。基本的に営利を目的とする法人である以上、「商人」と見なされるので、「5年間」で貸付行為は消滅時効となります。

ただ、5年間支払わなくなっただけで時効になるのかというと、そんな簡単にはいきません。
夜逃げするか、雲隠れするかして、消費者金融(いや、世間)から姿を消さなければいけなくなるでしょう。
返済を滞っている債務者がそこらへんを堂々と歩いていたら、間違いなく消費者金融にとっ捕まります。

また、5年間の中途でうっかり1円でも払ってしまえば、その時点でリセットがかかり、時効も中断となるので注意が必要です。

消費者金融各社は、決算期には「決算資料」を出しますが、その内訳には、貸倒しに関する事項が掲載されています。その中に「行方不明」というものがあり、雲隠れした債務者の名前がズラーっと載っているのです・・・

言い忘れてはいけないのが、「時効が成立したと思った5年後に、ひょっこり姿を現して、消費者金融に捕まった」という人がいます。
5年経ったのになぜかというと、消費者金融は相手が行方不明だとしても公示送達で訴訟を起こし、判決を取ることも可能で、こうなると「10年間の効力」を持つことになります。そのため、5年経って時効が成立したと思って戻ってきても、実はまだ債務が継続している可能性があるということなのです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。