消費者金融における任意整理とは?


任意整理とは、裁判所を通さずに、利用者と消費者金融が話し合いを行い、毎月の返済額の減免や、今後発生する利息、遅延損害金の減免をしてもらう…というものです。

この任意整理には、「全てを弁護士に依頼する」やり方と「全てを自分一人でやる」という2通りのやり方があります。

弁護士に依頼した場合、お金がかなりかかります。
そりゃ、めんどくさい問題を他人が、しかも法律の専門家が片付けてくれるのだから当然と言えば当然です。
反対に、自分一人で行うなら、諸費用しかかからないので、お金があまりナイという人にはコチラの方がいいかもしれません。
(自分でケツを拭く)
ただし、「腕」が必要となりますので、慎重に事を進めましょう。

任意整理を行う場合、初回からの取引内容を克明に記載した「債務一覧表」を作成することから始まります。
本来なら、毎回の取引の明細書をゴミに捨てることなく取っておきたいとこですが、そんな人はまずいないでしょう。
そういう場合は、業者に対し、「取引内容の開示」を要求することになりますが、業者側は快く了解することはありません。
(法律上、本人の開示要求には受託し協力しなければならないとなっているんですけどね)

この「開示要求」をした瞬間に、消費者金融にとっては利用者を「お客様」として見なくなります。(断言)たぶん、開示してくれたとしても、「一部」となるでしょう。
その点、弁護士はその道のプロなので、巧みに相手を躍らせて、会社化から取引内容の詳細を引っ張り出させてくれるます。そう考えると、弁護士に頼んだ方が、時間のムダもお金のムダもなくなるのかも…。

債務一覧表は、取引開始にさかのぼって作成されるので、その入出金情報を確認し、「利息制限法」による金利設定で算出しなおすのが基本となり、消費者金融は「出資法」で金利設定しているところがほとんどなので、かなりの債務額が圧縮されることになります。

「利息制限法」による利息計算を行った後は、会社側との個別交渉に進んでいきます。
相手に毎月の返済額を明示した和解案を提示をし、承諾を得ると「債務弁済和解書」を交わすことになります。

弁済案を会社側が承諾しないと「和解」は成立をしませんが、これはまずありません。
なぜなら、借金を丸々抱え自己破産されてお金を返してもらえないことよりも、少しでもお金を返してもらった方が、業者にとっても得策だからです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。