利息一部払い(ジャンプ)とは?


利息一部払いとは、業界用語では「ジャンプ」と呼ばれているもので、「利息分の一部を次回返済期に繰りこす」という方法です。ジャンプという言葉は、「繰りこしさせる→ジャンプさせる」という由来からきてます。

つまりは、利息の支払いを次回の”ツケ”にしているだけなので、当然、次の返済日にまとめて支払わなければならなくなり、次回の返済が苦しくなります。

たとえば、今月はお金がなく、元金はもとより、利息分の10000円も支払うことができなさそう。。。なんとか5000円は用意できたんだけど…。という場合は、今回の返済は、とりあえず利息分10000円のうち5000円だけ支払います。これが利息の一部として充当されますが、不足分(10000円 -5000円 = 5000円 )は次回へ繰り越されることになります。このことより、次回の返済は、通常の利息分(10000円)+前回不足分(5000円) = 15000円となる…ということです。

【利息の計算方法を解説の最新記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。