利息払いが消費者金融に与えるイメージ


利息払いとは、「元金+利息」のうちの「利息」だけした返済しないという方法です。

利息だけなので、「元金」は減りませんが、急場はしのげます。

この方法は公示はされていませんが、消費者金融では「正当な返済方法」として取り扱ってくれています。

返済日に利息分だけ入金すれば、何も問題はないし、明細書の次回返済欄はきちんと更新されているはずです。
逆に考えると、この利息払いを承諾してもらえない消費者金融は「アヤシイ」と言っていいでしょう。

この利息払いを、なぜ消費者金融は「正当な返済方法」にしているのかというと、元々の消費者金融の狙いは「元金は減らず、利息だけは遅れることなく返済してくれる」というところにあるのです。
お金を貸してナンボの消費者金融なんだから、「完済」されては困る(?)し、「利息」が営業収益なのでその利息を完済している以上は文句は言ってくることはありません。

ただ、利息払いをずっと続けていくのはやめておいた方がいいでしょう。もちろん借金が減っていかないというのもありますが、ある程度の元金も返さないでいると、業者からは「そのうち返済が行き詰まるんじゃない?」という考えを持たれてしまいます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。