よく聞くグレーゾーンとは?


グレーゾーンとは、「利息制限法」と「出資法」の金利上限の差を言います。
利息制限法やら出資法やら意味がわかりませんね。

この2つの法律の違いについて、お話しましょう。

なぜ、2つの法律が存在し、しかも違う金利上限で規制しているのか?
それは、この2つの法律は取り締まる「主旨」が違っているからなんです。

●「利息制限法」
18パーセントを超えると、越えた部分の契約は無効という民事の取り締まりをしている。

●「出資法」
29、2パーセントを超えると、それは犯罪になり、5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金という、刑事上の取り締まりを行っている。

別の視点から見ると、利息制限法を守らなくても出資法を守っていれば罰則を受けることはないので、これを利用して消費者金融は、利息制限法を守ってはいません。
18%以上の契約が無効であることは利息制限法上、明らかですので、出資法の上限を守っていても、利息制限法の上限利率で、計算をし直すことができ、債務の総額を減額させることが出来るということはあまり知られてないと思います。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。