お金借りたい!ブラックでも借りられる、審査の甘い消費者金融とは?


まずは、審査に通らない理由を考えてみましょう。

消費者金融とはいえ審査であまりにも属性が悪いと融資を断られます。
大手ローン会社の審査通過率は30%〜40%ということですので融資を断られる人の方が大半を占めているというのが実情です。

審査に通らなかった原因として、まず最初に考えられることは「職種」です。
職種によっては無条件でその就業者を認めない会社もあるそうです。

また、「勤続年数が短い」場合も審査に通らない原因として考えられます。半年くらいではほとんど通りません。せめて1年間の勤続年数は必要だと思います。

 無職の人はほぼ断られます。
主婦の方の場合は夫の収入があれば問題ありませんが、夫が失業中の場合は無理です。また明らかに申込み内容に嘘がある場合も借入できません。自宅電話が料金未払いで利用停止になっている場合も却下となります。

 俗にいうブラックの人、各業者の他社借入れ許容件数を超えている人、他社で延滞中、1ヶ月以内に3件以上も他社に融資申込み、などはかなりの確率で却下されます。
他には勤務先があっても無断欠席が続いてたりすると在籍確認時でバレてしまい却下される可能性があります。
また、同業者(勤務先が消費者金融)の場合も基本的には貸しません。

 ほとんどの業者で最も重要視する項目は他社借入件数です。

どの業者も許容可能な件数は設定していますので、どこなら自分は借入可能かどうかを調べることが重要でしょう。
属性の低いとされている方も借入件数が無ければ大手や女性ローン大手などなら十分に可決する場合があります。また収入証明などを提出することで信用が上がる傾向があります。

改正貸金業法の影響でますます審査通過率が厳しくなっておりますが、
実は、銀行のカードローンは対象外のため逆に融資に積極的になっているという側面もあります。

大手消費者金融で断られたからと諦めず銀行のカードローンも検討してみましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。