消費者金融過払い金請求について


過払い金とは、簡単に言うと「返しすぎたお金」のことです。

本来、利息の率は法律で上限が決められています。
しかし、多くの金融会社、サラ金、ヤミ金では、法律で定められた利率より高く設定している会社がほとんどでした。

高く設定しているということは、当然法的には支払わなくてもよかった額を利息として支払っている、ということになります。
もしも余分に払っていた分を元金の返済にあてられることができていたら、元金の残高はもちろん、支払うべき利息も徐々に少なくなっていったはずです。
その状態でさらに長い間返済を続けていると、元金と正当な利息を払い終わっているにもかかわらず、まだ返済を続けているという状況になることがあるのです。

この、元金と正当な利率を超えて払いすぎているお金のことを、過払い金といいます。過払い金請求とは、この「支払いすぎたお金を返してよ」と債権者に請求をする手続きのことなんです。

過払い金請求は、正当な権利です。本来払わなくてよかったお金はしっかり返してもらいましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。