消費者金融の「自動審査」と「本審査」の大きな違いを解説!

消費者金融から借入をするときには「審査」を通過しなければなりません。

各消費者金融で10秒単位から30分前後までと審査時間は大きく違っていますが、それでもお金を借入するのにどの会社も非常に素早く審査がされます。

その理由は、実は消費者金融の審査は「自動審査」と「本審査」の2段階に分けられて行われているからです。

では、この「自動審査」と「本審査」の違いがどこにあるのかを紹介していきます。

自動審査
主にインターネット上などで審査を行う場合に多く見られます。氏名・生年月日・住所・属性スコアリングなどを参照して、システム的に審査が行われます。ただし、自動審査はあくまでも仮審査です。嘘の情報や、適当な情報で自動審査で通過することができても、本審査で落ちてしまうというケースは多々あります。
本審査
自動審査を通過後に人の手によって行われる審査です。申込み時の情報に誤りがないか?個人信用情報の最終確認、在住・在籍確認などがされます。本審査を通過すればお金の借入が可能となります。
審査スピードを見比べる場合、自動審査はあくまでも審査が通過できるかのシュミレーション的な位置づけだと思っていてください。あくまでも最終的にお金の借入ができるかは本審査で決まります。

どちらにしても、嘘の情報や、適当な情報を入力するのではなく、正確な情報を入力しましょう。それがトラブルを回避でき、スムーズにお金を借入できる最短の方法なのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。