銀行系・信販系・消費者金融系、それぞれの特徴を徹底解説


消費者金融の会社には「銀行系」「信販系」「消費者金融系」という3つのカテゴリーに分けることができます。

ここでは各カテゴリーごとの特徴を紹介していきます。消費者金融を利用するときは、3つのカテゴリーの特徴を踏まえ、どの借入先に申し込みをするかを選択しましょう。

銀行系の特徴は、なんといっても「低金利」です。バックに大手銀行がついていることもあり、金利の低さと信頼性は他のカテゴリーを圧倒します。また限度額の設定も高く、平均300万円ほどで設定している企業が多いのも特徴的です。

多重債務者の借入も比較的に認められやすいという評価もあります。消費者金融を選ぶときには銀行系から選ぶのが無難でしょう。

ただし、他のカテゴリーと比較して審査条件が厳しく、また審査に時間がかかるというデメリットもあります。すぐに借入をしたい人には不向きかもしれません。

次に信販系です。信販系の特徴はバランスの良さでしょう。金利の低さや、限度額、審査のスピードなど、銀行系と消費者金融系の中間くらいのポジションを取っています。

またキャッシング契約時にクレジットカード契約も併せると、ショッピングポイトなどのサービスを受けることができます。また、全国で利用できるATM数も多いため、利便性の高さが魅力的といえるでしょう。

最後に消費者金融系です。消費者金融系の魅力は審査スピードの速さと、審査基準の低さにあります。

理由は、銀行系や信販系に適応される法律が適応されず独自のルールで運営しているからです。バイト・パートなどでも借入ができる会社が多いのも特徴的です。

利用限度額内であれば、借入している分を完済する前でも、繰り返し借りることができます。また、土日祝日の利用や、店舗に行かなくても借入ができる点など、非常に自由度が高いといえます。

デメリットとしては、他のカテゴリーと比較して金利が高い点が挙げられます。しかし、最近では「一定期間無利息でもOK」という会社もあり、金利の高さがカバーされつつあります。

【消費者金融の系統の違いは?の最新記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。