消費者金融借り入れの「総量規制」が完全施行 2010年6月18日 〜改正貸金業法〜


改正貸金業法が2010年6月18日に完全施行され「総量規制」が導入されました。
これにより年収の1/3以上の借入れができなくなりました。

総量規制の対象になるのは、

•消費者金融
•信販会社
•クレジット会社
•事業者金融会社
などの貸金業者からの借入れで、銀行からの借入れは対象外

また、住宅ローン、自動車ローン、医療費ローンなども総量規制の対象外です。

「総量規制」の導入でここが変わる!

1.年収の1/3以上の借入れができなくなる
消費者金融や信販会社、クレジットカードのキャッシングなどの合計が年収(税引き前)の1/3を超える借入れはできません

たとえば、年収300万円の人は100万円を超える借入れはできません。

2.すでに年収の1/3以上借入れがある人は、新たに追加で借りることはできなくなる。
すでに年収の1/3以上借入れがある場合、借入れ合計が1/3以下になるまで規制の対象となる貸金事業者から追加でお金を借りることはできません

たとえば、年収300万円、既に150万円の借入れがある人は借入合計が100万円以下になるまで新たに借入れることができなくなります。

この場合、返済だけを続けて負債額を減らしていくしかありません。

3.専業主婦など収入ゼロの方は配偶者の同意書、婚姻関係を証明する書類の提出が必要に
専業主婦(夫)など本人に収入が無い方は、規制の対象となる業者から借入れを希望する場合、配偶者の同意書、住民票や戸籍抄本などの婚姻関係を証明する書類の提出が必要になります。

つまり、今まで可能だった「旦那に内緒でお金を借りる」ということができなくなります。


借入れが多い方にはかなり厳しい法律改正と言わざるを得ないでしょう。
特に借入れで“自転車操業”のようにしのいできた方にとっては厳しい・・・。


しかし、救済策が用意されています。


銀行からの借入れは総量規制の対象外です
みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行のような銀行本体が提供しているカードローンなどは総量規制の対象外なので年収の3分の一以上でも借りることができるいうわけです。
(「銀行系」といわれる消費者金融(アコム、モビット、プロミスなど)は総量規制の対象です。)


銀行が良い点は、金利が圧倒的に安いことと、限度額が大きいこと。
銀行の融資力はハンパではありません。最大300万円、500万円というのも珍しくありません。
サービス面も魅力的で基本的に連帯保証人は不要、審査も即日のところがほとんどです。

しかし消費者金融と違い「年収による申し込み制限」があるところもありますので申し込み前に確認が必要です。


年収による申し込み制限をチェックする
年収による申し込み制限無し
まず、年収による申し込み制限がないサービスもあります。これらが最も借り入れのハードルが低い訳ですから年収での不安がある人はまずここから選ぶのが良いでしょう。

みずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行の2つです。

年収300万円以上の方を対象
楽天銀行は金利4.9〜14.5%、限度額最大500万円、楽天ポイントが付与されるなど魅力的な条件ではありますが年収300万円以上という年収による申し込み制限があります。

年収500万円以上の方
オリックスバンクプレミアはおまとめ、一本化など借り換え専用ローンで最長返済期限も8年と長く設定さているのが魅力ですが、年収500万円以上の方を対象にしたサービスです。

【改正貸金業法の最新記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。