絶対にしてはいけない4つの行動


消費者金融を利用する上で「これだけは絶対してはいけない!」ということがあります。

消費者金融を利用しようと考えている人は、事前に何をしてはいけないのかをしっかりと覚え、トラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

連絡なしで返済を遅らせる
消費者金融から借入をしたときに絶対してはいけないのが「返済を遅らせる」ということです。特に連絡をせずに返済を遅らせてしまうと、あなたの個人信用情報に傷がついてしまいます。
返済遅延が発生すると、5年間は個人信用情報に履歴が残ってしまうため、保険・ローン・消費者金融の利用が難しくなります。借りたお金はルール通りきちんと返す。これが消費者金融を利用するときに破ってはいけない最低限のマナーです。

ヤミ金を利用する
誰しもヤミ金融を利用したいと考える人はいないでしょう。正直に言いますと、ヤミ金融を利用すると、どんな影響が出てくるか計り知れません。テレビや映画の中で出てくるような状況が本当にあなたに訪れる可能性もあります。
消費者金融を利用するときには、借入先を慎重に選びましょう。また、ヤミ金融の可能性が感じられる会社は極力利用しないようにしましょう。

用途不明な書類にサインする
こちらもヤミ金融などの悪質業者に関連して言えることですが、何に使われるかわからない書類にサインをするのはやめましょう。書類を提示されたときには、細部までその書類に記載されていることを読み、理解したうえでサインをするようにしましょう。

安易に連帯保証人になる
知人から連帯保証人の依頼をされると断りづらいのはわかります。しかし、安易に連帯保証人になってしまうと、あなたの生活にまで影響が及ぼされます。
連帯保証人になると、借入をした人が支払えないお金をあなたが支払わなければならなくなってしまうのです。そうならないためにも、いくら友人といえども断るべきところではきちんと断るようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。