消費者金融「申込みブラック」にならないように・・・ブラック借り入れ可能?


消費者金融でお金を借りたいと思っても、二度と消費者金融を利用できなくなる事があります。
業界では、そういう絶対に融資することができない人たちのことを「ブラック」と呼びます。

「ブラック」と呼ばれる人は2種類に分けられます。

「一度に複数社に審査申請をした場合(多重申込み・申込みブラック)」「過去に何度も返済遅延や債務整理をした場合」です。

何度も返済遅延を繰り返した人や債務整理をした人など返済に重大なトラブル人に対しては消費者金融だけでなく、クレジットカードすら契約できなくなってしまいます。

もうひとつの「一度に複数社に審査申請をした場合(多重申込み・申込みブラック)」は事前に回避することができますので対策方法を紹介します。

多重申込み(申込みブラック)にならない方法

借入れの申込みを行うと、消費者金融は審査の段階で個人信用情報機関に、あなたの信用情報の確認を行います。この時点であまりに多くの会社から既に借入をしていると審査に通過できない可能性が高いといわれています。

これに加え、短期間の間で3社以上に借入れ申込みをした場合でも「多重申込み」としてブラックになってしまうのです。(通称:申込みブラック)

個人信用情報機関では過去の利用履歴だけでなく、「他の消費者金融機関がその人の個人信用情報を照会したか?」という情報も記録しています。

消費者金融としては「短期間で3社以上の消費者金融に申請している=多重債務者になる可能性が高い」と考える傾向があり、返済が滞るリスクを避けるためにブラック扱いにするのです。

そして、一度審査に落ちた会社には6ヶ月以内に、再審査の申し込みをするのは止めましょう。個人信用情報機関に過去の審査記録が残っているので審査をパスする可能性が低いだけでなく、何度も審査を受けてきたということで、審査基準が高くなってしまうといわれています。6ヶ月以内は再審査を受けても無駄なのです。

もし、一度にたくさんの消費者金融に借入れ審査をしようと考えているのであれば、すぐに中止してください。
その行為だけでブラックになり、本当は借り入れできる属性であっても必要なときに利用できなくなってしまう可能性が高くなります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。